「アイデア」を「お金」に変える集客企画大全 Vol.3 名刺でファン作り

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

宇部「お名刺を頂戴いたします」

お客様「参加できますって?」

  * 名刺 *
  ——————————————-
  【「アイデア」を「お金に変える」】企画専業会社
   惹句工房 代表  宇部和真

   宇部自主運営!
  ★マンスリープレゼント企画に参加できます★
  ——————————————-

宇「マンスリープレゼントのことでしょうか? はい、これは、
  私個人が自主運営しているプレゼント企画です。

  名刺交換をされて、参加してみたい、という方を対象に
  毎月行っています」

客「へぇ~、どうやって応募するの?」

コ「とても簡単です。毎月、私からメールをお送りさせて
  いただきますので、そのメールから応募できます。

  応募方法は、いろいろございます。

  クイズに答える方法から、もれなく、という時もあり、
  厳選なる抽選! という月も(笑)」

客「楽しそうですね で、何がもらえるの?」

コ「それも月ごとでまったく違います。私が出張先で
  見つけたお土産から、最近愛用しているグッズや、
  顧客企業の商品、キャラクターグッズなどもあります」

これは、単なる懸賞企画ではありますが、会社や外注に任せず、
自分で企画運営するところに意味があります。

組織的、機械的に企画を運営しても何も面白味がありません。
大切なのは、名刺交換した目の前の本人が、運営しているところです。

手間がかかっている、という点が人の興味を引き、ファンがつくのです。

また、応募数が少ない時やレスポンス率が低い時は、
どうしたら、増やせるか、一生懸命考えます。
これが、客商売の原点です。

しかも、名刺交換した顧客企業の商品をプレゼント商品として、
紹介してあげることで、顧客企業も喜びます。

このとき、自腹を切ることが大切。
宣伝してあげるからといって、おねだりは禁物です。

私のようなペーペーのビジネスマンクラスでも、数百枚の名刺は
机の中に眠っているでしょう。人生の転機になる出会いを求めて
日々名刺交換を重ねるのもいいですが、まずは、その名刺を
生き返らせることからはじめてはどうでしょう。

身近な人をワクワクできない人が、初対面のお客さんを
惹きつけることはできません。

         +++++ 企画創造のポイント +++++ 
 

          『  急がば手間をかけるべし  』

対応業種:クーポン・ポイント・くじ,企業・経営


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。