強みとは何か

 

宇部和真【社外企画部】公式LINE@はじめました。

いま、登録をしていただければ、
特別なプレゼントをご用意しています。
LINE@公式アカウント登録については
こちらをクリック

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

自分ビジネスで夢を叶えたい方へ

From:宇部和真

今日はスタッフと話していて
自分自身の強みを知らないってことだったので
もしかしたら、そういう人っていっぱい居るよねってことで
今日はその話をしようと思う。

「強みとは何か」

自分ビジネスをしようと思ったら
まずはじめに、すべきことがあるんですけど、何か知っていますか?

・・・
・・・

それが、

自分を知ること。

こんな言葉があります。

「 彼を知り己を知れば百戦殆うからず 」

相手が何者なのかをしっかりと把握し、
自分自身のことをよくわきまえて戦えば、なんど戦っても、
勝つことができる。という、ことわざです。

 

相手を知る前に、己を知ること。

これが自分ビジネスで夢を叶えるファーストステップ。

 

当たり前なんだけど、

自分の「強み」を知らない人が、自分の提供している商品(サービス)を
自信満々にプレゼンできるようになるとは思えない。

逆を言えば、自信満々にプレゼンできる人というのは
自分の活かし方、つまり「強み」や「弱み」を知っている人だけ。

 

例えて言えば、
お笑い芸人さん。

もう長く漫才をやっている人って
観客が何を自分たちに望んでいるのかが明確なので
臨機応変に自分たちの”魅せ方”を変えることができているんだと思います。

逆に自分たちが「弱い部分」は、極力スポットライトに当たらないようにする。
ひな壇芸人、漫才、コント、ものまね…と、専門性が高くなるのは
自分自身の「強み」が明確だからなんですよね。

 

一方で、

まだ売れていないお笑い芸人さんは
自分たちの漫才のスタイル =「強み」 を模索している段階なので
自分たちに何が求められているのか、自分たちのスタイル =「強み」 はなんなのかを、
追求することがファーストステップになるわけです。

だから、「強み」を把握していないと
自分がやるべきシゴトというのは見つからない。

 

起業家として生きるということは、誰かに指示されるのではなく
自らでシゴトを創っていく、ということです。

 

だからこそ、

自分の強みがなんなのかがわかっていないと、
シゴトが創れなくて困るわけです。

大抵の場合、
お客様の問題を特定して、自分の強みをベースに
それをどう解決させるのかを考える。それができる人を起業家と呼びます。

「強みを知る」ことからはじめよう。

宇部和真

 

自分ビジネスで夢を叶えたい人はこちらからお申し込みを!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ビジョニスタ個別相談会


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。