【 前編 】予告メールでお客様の心をつかむシンプルなステップメール作成方法


どうもです。惹句クリエイターの宇部和真です。
 
メールマガジンを発行しているものの、新規のお客様からのお問い合わせがなかったり、受注や発注に全く繋がっていなくて悩んでいませんか?「メールマガジンから反応がない・・・」と、悩んでいる方は実にもったいないです。
 

なぜなら、得るべき利益を落としている可能性が高いからです。

 

 
そこで今回の記事では、「販促メールマガジン講座」第1弾として、メールマガジンを使ってお客様の心をつかむためのステップメール作成方法について解説していきます。メールマガジンとはどんなものか?予告メールの仕組み、ステップメールを作成する際に押さえておきたいいくつかのポイントを学んでおきましょう!
 
 
 
メールマガジンとは、「電子メールで届けられる、新聞や雑誌といったものです」メールマガジンの発行者が定期的にメールで情報を流して、読みたい人が購読しているメール配信のシステム。インターネットがあれば、いつでもどこでも誰にでもメールマガジンを発行することができます。
 
 

1 – 1|他の情報発信ツールとの違い

 
特にメールマガジンは、SNSなどツールとは違って、読者登録してくれた人に対していつでもこちらから行動を促すことができます。
 

SNS → 「待ち」のメディア。

発信者がその他大勢に対してコンテンツを配信して検索や、たまたま目に止まった情報を読んでもらえる。

 

メールマガジン → 「攻め」のメディア。

自分や自分の会社がやっていることに対して興味関心がある意思表示(読者登録)をしてくれた人にだけ、直接情報を届けることができる。

 
 
 

1 – 2|ステップメールの役割とは

 
ステップメールは、売り出したい商品・サービスを購入してもらうために送る予告メールのことです。要は、あなたの代わりに自社(自者)の売り出したい商品・サービスを営業してくれる営業マン。
 
ビジネスで利益を得るには、2つのことが必要になります。
 
 
1、新商品・新サービスが手に取れるお店(HP)
2、お店や(HP)にお客様を連れてきてくれる営業マン(セールスレター)
 
 
なので、商品やサービスを扱っている会社や個人事業主の大半は、ステップメール配信が必要であり、ステップメール配信システムを取り入れることによって、自分が動いていないときにでもお客様を獲得することができます。
 
 

1 – 3|ステップメールをお勧めする業種・ジャンル

 
1、人の成長、進化を売る会社。個人事業主。
2、新しいライフスタイルを売る会社。個人事業主。
3、新しい生き方、考え方を売る会社。個人事業主。
4、新しい職業をつくり、職人を育てる会社。個人事業主。
 
 
このように「新しい世界観」や「本物の教育」に取り組んでいる会社や個人事業主の方は、ステップメールでのお客様の獲得が好ましいです。
 
 
とはいっても、ステップメールを作ったことがないという方には、少々ハードルが高い。。。そんなお声が聞こえてきそうです。メールマガジンを発行している人なら誰でもステップメールを配信できるわけですが、実は予告メールの書き方はとってもシンプルです。
 
 

1 – 4|ステップメールを配信する時のポイント

 
ステップメールはただ、読者の方に配信すれば良いというわけではありません。適切なターゲットに対して、適切なタイミングで情報を送るからこそ、ステップメールの効果は最大化するものです。
 
 
ステップメールを配信する際には、ターゲットやタイミングも影響します。ターゲットというのは、自社(自者)が売り出したい商品・サービスを「欲しがっている人は誰か?」ということを考えぬかなければなりません。
 
なので、メールマガジンの読者は、あなたのどんなことに興味関心を持って、読者登録したのか?といったことを把握する必要があります。
 
 
タイミングに関して言えば、
 

[aside type=”normal”]

・無料レポートなどを配布して読者登録をした直後
・売り出したい商品・サービスを紹介するセミナーや説明会の集客
・何かしらのお得なキャンペーンを打ち出す際

[/aside]

 
 
ステップメールの目的は、あなたのやっていることに興味関心を持って読者登録してくれた人の理解を深めるものと定義してみてください。
 
あなたが100人に商品・サービスの説明をしていたとしたら、1度ステップメールを作ってしまえば、たった数通の予告メールだけであなたのやっていることに興味関心がある「見込み客の理解度」を深めることができます。
 
【 DMM.com パートナー就任企画 】100円キャンペーン
  • お問い合わせ・お申し込みに毎月バラつきがある
  • お問い合わせが全く来ない
  • 商品の値段を下げても、お申し込みに繋がらない
  • 商品改良の「いいアイディア」が思いつかない
  • ブログやSNSで告知しているが、購入まで繋がらない

【注】予算をかけずに口説きたい人がいる方だけ見てください
↓↓下の画像をクリックしてみてね↓↓

関連記事

キーワード 検索数を調べてヒットを狙うためのファーストステップ

今知りたい|検索順位を確認する3つの方法

サイトマップ | 手動 で 簡単 な 作り方

ブログアクセスアップ の 仕組みづくり| グーグル の裏側

なぜアクセスアップ には、キーワードの選び方が重要なのか

【2017年度版】グーグルキーワードプランナーを無料で設定する方法とは