飲食店・実店舗向け『 店舗 集客 アイディア 』歩ける街がコンセプト【健康トコトコマップ】

出張先でのこと。ここははじめてくる土地だ。
せっかちな私は、いつも訪問時間より随分前に現地に着きます。

「きょうも早く着いたなぁ。
 時間もあるし、ちょっと駅周辺の散策でもするか」

知らない土地の散策が出張先での楽しみ。

(だからいつもデジカメを腰に付けています)

駅を出ようとすると、出口にたくさんのパンフレットが
ささったボードを発見しました。
   ——————————————-
    健康トコトコマップ ○○市は健康の街宣言!

    ○○方面徒歩 ○分 消費カロリー○kcal

          中華料理□□□
   ——————————————-
各店舗一枚(ハガキ大)でラックにささっています。

表には、お店の写真と店舗情報。
裏面には、歩いていけるコースが載った地図。

 「確か、このあたりはラーメンが人気だったなぁ。
  ちょうど方角も一緒だし、行ってみるか!」

地図を見ると、楽しく歩けるように、見所、写真スポット、
名所、旧跡などが載っています。また、他のお店も載っています。

このマップは、店舗の広告費で賄っていますが、
少しでも広告費を抑えたい店舗は、マップ面に他のお店の広告を
載せることで、全体の広告費負担を軽減しています。

公共施設や名所、旧跡は、標準で掲載されます。

単独では広告を出せないけど、便乗する程度なら出したいお店にも
マップ面のアイコン広告はぴったりです。もちろん、他のお店を載せて
「寄り道して来ないかも」というお店は、単独で広告を出します。

さて、お店に着きました。徒歩時間は、実際に歩いて計った時間なので、
ぴったりに目的地に着きました。

(徒歩は交通渋滞がないので、なお時間通りに着きますよね)

お店に入ると、店主が手にしている『健康トコトコマップ』を見て、

 「ようこそ! 歩いてご苦労さまです。
  そのマップを持参していただけたお客様には、ライス無料です!」

そういえば、マップにもそう書いてありました。
しかし、たくさん食べては、歩いてきた意味はないのですが(笑)。

歩ける街って、ステキですよね。記憶にも残りやすいし、愛着もわきます。
歩く人が増えたら、街もにぎわいを取り戻すかもしれませんね。

これは企画上のフィクションです。

     +++++ 企画創造のポイント +++++ 
 

     『  そこを歩けば健康になれる街  』

対応業種:ヘルシー・スポーツ, 広告業, 街づくり・商店街, 飲食店・食品


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。