飲食店・スーパー・ガソリンスタンド・事務所向け『 店舗 集客 アイディア 』コミュニケーションを生む【トイレ開放宣言!】

『トイレ開放宣言!』

 —-トイレ開放宣言!———————————–

  飲食店、スーパー、会社、ガソリンスタンドなど、
  一般住宅以外の建物の、街中のトイレを開放します!

 ——————————————————-

この宣言に賛同した企業や店舗の表には、共通の札を掲げます。

観光で訪れた人やただ通りがかっただけの人でも自由に、
トイレが利用できます。

そのため、トイレはいつもキレイにし、必ず花を飾ります。
そして、トイレを借りに来た方には、いつも笑顔で元気よく、

 「どうぞ、こちらです、ごゆっくり」(仮)

と出迎え、帰り際には、

 「いってらっしゃい」

と見送りします。

これはなかなか簡単そうで続けるのが難しいですが、
まずは賛同してくれる企業や店主からはじめます。

「もし街中が参加したら、街中に札があふれる」かもしれませんが、
それでもいいと思います。街の一つの名物になります。

もし街中が参加し始めたら、トイレにより花をかえたり、
札もオリジナル性を高めたらいいのです。

そうそう、掛ける言葉もその土地の方言だったら、なお、ステキですね。

最後に、若松さんはこう言っておられます。

 「(まちづくりをやってきて)何よりも嬉しいのは
  『あなたのふるさとはどこですか』と尋ねられた子供たちが、
  『夕日の日本一綺麗な双海町です』と堂々と言えるようになったこと」

本当に整備された公園やコンクリートの建物は、必要なのだろうか。

     +++++ 企画創造のポイント +++++ 
 

   『  人がやっていないことを取り入れると個性になる  』

対応業種:ボランティア・社会貢献, 街づくり・商店街, 観光地


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。