シゴタネクリニック カルテ1 小曽根大佑 さん(35歳 個人事業主)

こんにちは。
シゴタネクリニックです。

こちらのページよりお問い合わせ頂いた、相談内容をご紹介しています。

 

カルテ

記念すべき第1回目は 小曽根 大佑さん(35歳 個人事業主)

小曽根さんは、2017年の1月まで会社員でした。
その時の、マネジメント経験を活かし時代時短請負人として、個人事業主の休憩時間(睡眠時間)を1時間増やしてくれるシゴトをしています^^
実際に、一緒にミーティングをしたことがあるのですが、資料作成のスピードと、無駄のない資料作成法、PC内のフォルダ、ファイル整理など、小さな部分から不要な時間を抽出したり、その人のお話をしっかりとヒアリングした上で、オリジナルの時間抽出法をお伝えしてくれます。

 

【 課題 】

・12月は、見込み客探し
・独自webサイトの作りこみをしたい
・来年の1月からスタートダッシュをしたい

【 相談前のターゲット 】

・時間管理が苦手な事業主
・資料つくるのが苦手な事業主
・ファイル整理が苦手な事業主

 

公開コンサル内容 

 

宇部:「 現状はどうですか? 」

小曽根:「 来春くらいに企業内の60人くらいの前でセミナーする話もあります。」

宇部:「 将来的には企業と提携したい? 」

小曽根:「 そうですね。」

宇部:「 小曽根さんは社内のマネージメントのキャリアは大きいので・・とはいっても、小規模法人でもいいですし、女性が運営している小さなサロンでもいいですよね。」

小曽根:「 今の所ターゲットとしては、起業家・個人事業主・フリーランスとかなので、その中にサロネーゼもはいるのかな?
サロネーゼさんも自分で仕事されていますから、そういった方で外注する方もいるみたいですね。」

宇部:「 私自身、以前サロンさんの案件をよくやっていて解ったんですけど、その中で決定的な欠点があって・・なんだと思います? 」

小曽根:「 なんだろ。」

宇部:「 サロンさんは、ほとんどそれができていない。サロンさんがどう売上を上げていくかっていうと、リピーターを増やすところなんですが、そうなると今度、管理が大変になる。

販促のシステム化や予約管理が、だいたいみんな手書きなんです。なんか1枚もので見えた方がよくないすか?そしてメカに弱い。
クラウドとか何?って感じなんですよ。^^; 

結構小さいサロンさんで困ってる人多いんですよね。段取り、システム、時間管理とか・・・。 」

小曽根:「 そうか、そういう方面でなのか・・ 」

宇部:「 もう少し絞りたいとかあります?サロンさんだと結果が見えてくるというか。あと流れ(集客をいつから開始するとか決める)だけで、結構売上が上がったりするんですよ。」

小曽根:「 サロンさん向けか・・・。なんか結構良いかもしれない! 」

宇部:「 サロネーゼさんってサロネーゼさんとしか一緒にいないんですよ。例えば1人仲いい人と出会えれば、その人に満足度を上げまくって、『何に悩んでます?』と聞き、悩みがいくつか上がったら、『じゃあそれパッケージ化します。無料でいいです。なので、それ声としていただけますか?あるいは、あなたと同じように悩んでる人を3人紹介してくれませんか?』と言う。

1人が3人を紹介し、その3人から派生して、9人になる。20人くらいに悩みを聞いたら、それをパッケージ化して誰かと組んでも良い。例えば、webサイトとセットで。となると、webサイトを作り込む表も作ります。と。そうやってデザイナーとコラボもできる。

売るものがなければ、僕とコラボしてもいいですし、そこまで口コミだけでイケるんです。 」

小曽根:「 ちょっと、うってつけの人が1人います 」

宇部:「 そういう人集めてセミナーやって、人気(ひとけ)を出して ”小曽根さんって何屋なんだろう?” ってところをみんなの前で言えるし、頭抱えている人をその場で整理整頓できるし。

最初1人ロックをしてから、実演販売。そこで、みんなに向けて『これ知ってます?みなさん』そうすると、アハ体験になる。

※ アハ体験とは? ※
脳科学者、茂木健一郎が用いる、一般的に「わかった!」という瞬間を指す言葉。
彼自身の著作の中では、「脳の神経細胞が短い時間、同時に活動し、たった一回で本質的な変化を生み出す学習体験」と定義されている。
はてなキーワードより

意外とwebって反応でるの遅いんですよ。だから反応がすぐ出る人を、まず3人でいいんです。自分ができることをフルサービスでたった1人に提供する。その代わり、声をいただけませんか?と言う。

小曽根:「 質問です。最初は無料で良いと思うんですけど、その先の3人も無料ですか? 」

宇部:「 そこは頂いて良いと思いますよ。でもその代わり声をもらう。」

小曽根:「 最初の1人がモニター的な感覚ですね? 」

宇部:「 そうです。」

小曽根:「 お~なるほど。」

宇部:「 商品もずっとPDCAかけていかないとダメなんですよ。

※ PDCAとは? ※

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
Do(実行):計画に沿って業務を行う。
Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを評価する。
Act(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて改善をする。
この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、螺旋を描くように1周ごとに各段階のレベルを向上(スパイラルアップ、spiral up)させて、継続的に業務を改善する。同じ商品が10年売れ続けるってないじゃないですか?コンビニのお茶も何度も改良されてるのと一緒で、アンケートとってその意見を入れていく。
ウィキペディアより。

 

カウンセリングした内容を20名、音声で録音して、いずれ有料メルマガのステップメールで配信できます。

小曽根:「 ほ~メルマガか。正直メルマガ考えたことなかったな。」

宇部:「 これは後々ですよ?あるいは、『業務効率化した20名の事例音声が聞けます!』と題して、メルマガ会員登録してもらう。
そこで登録してくれた人はすでに興味があるってこと。自分が役に立ちたい人を決める。その人たちに共通してる悩みはあるから、そこに対して提供する。あとは紹介紹介。」

小曽根:「 なんかすごいやりたくなってきた! 」

宇部:「 一時期僕、サロンさんのお客様を10人くらい持っててまず僕のところに来る人が、キャッチコピー、集客で悩む人が多かったんです。僕が出来ることと、相手が求めているものを1つだけマッチさせる。そこで僕だったらここまで出来ますよと。」

小曽根:「 料金体系も分けられるなこれ 」

宇部「 今はFacebook、ブログも大事ですが、結局人間関係だと思います。そこを広げていった方が気質的にも合うんですよ。」

小曽根「 確かにしっくりきました今。人から紹介を受けた方が、その人の評価が上乗せされて会うことになるから、相手からの第一印象はいいですよね~!」

宇部:「 紹介者がいれば、関係性がすでに築けているので、何に悩んでいるか話しやすいんですよ。

” どうなりたいんですか? ”
” これとこれとこれが解決できたらいいんですよね? ”
” 合ってますか? ”
” 合ってます! ”
” では、お任せください。”

これだけで、決まるんです。」

小曽根:「 いいな。企画が1個できましたね! 」

宇部:「 向こうはその気できてるので、いくらですか?という話になる。もっと嬉しいのが、『 あの方からのご紹介なので通常◯円が、◯円です!』『 いいんですか? 』ってなる。要は、自分がされてうれしいことを先に与えるんです。」

小曽根:「 いや~なんかテンション上がってきちゃった! 」

感想 

15分お話を伺っただけで企画ができちゃいました。企画とターゲットが決まりました。
サロネーゼを明確なターゲットにしてなかったんですよ。

ほんとにピンポイントでサロネーゼと言ったときに、心当たりがあるので早速アポを取り、きちんと商品になるかやっていきたいというところですごくワクワクしています!

なんかすごい。
15分しゃべっただけで企画が1個できたんですよ!?

うん。いいかもしれない。
なんかこう、自分の強みを全面に出せるかもしれない!

宇部さんが僕のシゴトを理解しているからこそ出るんだなと。
ちゃんと掘り下げしていただいているなと。

 

さいごに 

小曽根さんはですね、効率化というか、脳みそのお掃除屋さん。

今年もあと1ヶ月で終わりますけども、

「 今年の汚れは今年のうちに! 」

というところで小曽根さんは1家に1台。

脳がこんがらがってる人、2017年までに何か仕組みをつくりたいという人。
7つの習慣読まずに小曽根さんに会いに行って欲しい!

なんでもかんでも1人でやらずできる人に任せると言う面では小曽根さんはプロ。

自由な時間を増やしたい人。
アイディアっていうのは企画で、もう1つ仕掛けが必要なので、
私に15分ください!解決します!


小曽根さん個人Facebookページはこちら

セッションお申し込みは、コチラから^^

 

まとめ

いかがでしたか?
シゴタネクリニックでは、
・お客様が集まらない
・商品が売れない
・安定的な利益確保ができない
etc etc・・・

などのお悩み相談窓口となっております(^_-)
こちらから、お気軽にお問い合わせください♪
↓↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/shigotaneclinic


公式LINE@で集客診断シートを配布中!

集客をマーケティングに変える
サポートをしてくれる
会員限定コンテンツ無料でプレゼント!

3秒で無料プレゼントを受けとる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。