お腹が出ることでカラダに与える悪循環とは

みぞおちの詰まりがあると
お腹が出ます。

それに連動してるのは、
  • 背中のはり
  • 内臓機能の低下
  • 肩こり
 
 

も、おこります。

お腹が出ると呼吸も浅くなる

お腹が出る=みぞおちの詰まりは
 
横隔膜の動きが制限されている状態。
 
 
呼吸をするときに、
横隔膜は上下に動きます。
 
そこを制限されるということなので
呼吸も浅くなります。
 
 
こうなると、
深い呼吸をしようとしても
出来なくなります。
 
というように
順番に滞りがおきてくるんです。

エネルギー視点で考えられること

おなかが出るということ
(みぞおちが詰まる)は、
エネルギー的にみると
 
自分の価値を
受け入れられないでいる状態
とも言えるんです。
 
 
本当の意味での自信を持てない状態
 
 
その状態が続くと、
滞りとして現れたのが、
おなかが出るという状態。
 
 
からだの変化は、
こころが表れます。
 
からだを通すことは
こころを通すこと。
 
 
からだのデトックス、してますか?

この記事を提供した方

奈良市体質改善リンパ自然療法サロン・スクール karmaさま。
表面的な部分だけでなく、
芯からのヒーラー
セラピストを育成していくことに力を注いでいます。

▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。