保健師 めぐみ様|「あれ、風邪かな?」と思ったら試して欲しい 足湯のすごさ

体質改善につなげるための
足湯の効果的な方法があるんです。
 
足湯では、以下のような効用があり、
生理痛がひどい、冷え症で足が冷たい、
疲れやすいといったケースで役立ちます。
 
  • 足裏のツボを刺激して血流がよくなりやすい
  • 足首にある「冷え性」「生理痛」と関連があるツボ「三陰交」を刺激してくれる
  • 足首は卵巣ともかかわりのある部位なので、足首までの湯量で温めるとよい刺激になる
  • 冷えた足の血流がよくなり、解毒の働きをする肝臓の血流もよくなりやすい。

 

準備するもの

 

1.足が入る大きめでちょっと深めの洗面器か足湯用バケツ

 
 
私は最初はもともと、
自宅にあった大きめの洗面器を使用していましたが、
深めであっても、お湯がこぼれやすく
床を拭くのが大変だったので、
足湯用バケツを買って使っています。
 
ホームセンターでは
900円~1000円くらいで買えます。

2.入浴するときの温度より少し高めのお湯

 
私の場合は、やかん満杯のお湯を沸かして
バケツに入れるか、最近は電気ケトル(ティファール)で
満杯まで沸かしてからバケツに入れて、
水で温度を調節するようにしています。
湯沸かし器等の場合は、
43~45度ぐらいで出し、熱い場合は、さし水をして温度調節するといいです。

ちょうどいい温度で出してしまうと
お湯がぬるくなりやすく、
足湯の効果が下がりますので
熱めのお湯を用意して水で調節するようにしましょう。
 

お湯の量は、足首が隠れる量を用意します。

効果的な足湯の方法

 
ポイント
 
 
  • お湯は少し熱めにすること
  • 湯量は足首が隠れるぐらいに
  • 足湯をする時間は6分間
  • 足湯が終わったら、乾いたタオルで十分水滴をふきとりましょう
 
 

6分間足湯をすると、
通常は足の血流がよくなり
足の皮膚が赤くなってきます。

ところが、温まり具合が悪い、
慢性的な冷え状態の場合は
赤くならないことがあります。

左右のどちらかでも
足の皮膚が赤くならないようでしたら、
赤くならないほうの足だけ
さらに2分間足湯をしましょう。

3.さし湯用の熱めのお湯

 
 
足湯をしていると、
だんだんお湯の温度が下がってきます。
ぬるくなったお湯に足をひたしていると、
今度は足の体温が奪われ、
かえって足を冷やすことになりますから、
さし湯をして、お湯がぬるくならないようにしましょう。

どんなときにやると効果的?

 
●寝る直前以外
寝る直前は、眠れなくなるので注意が必要ですが、
それ以外であれば、ゆったりできる時間にやるとよいでしょう。
「いつもより冷える」「足が冷えたな」
と思う日は必ずやりましょう。

●生理痛が強い人

生理痛が強い場合は、
生理1日目、3日目にやるのがおすすめです。
●風邪をひきそうなとき
 
風邪かな?というときに足湯をすると、
体が温まり免疫力がアップしやすいので
風邪も悪化しにくいです。

この記事を紹介した方

他にも、人に言えない
生理前・生理中の
辛い・しんどいが楽になる情報を
あらゆるシチュエーションから
紹介しています^^
めぐみ様のブログはこちらをクリック

公式LINE@で集客診断シートを配布中!

集客をマーケティングに変える
サポートをしてくれる
会員限定コンテンツ無料でプレゼント!

3秒で無料プレゼントを受けとる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。