保健師 めぐみ様|食べ過ぎても体重が減る仕組みとは?

生理ホルモンのお悩みアドバイザーめぐみ様の
お役立ち記事を紹介します☆


生理周期により、やってくる食欲!


毎回、食べすぎると
「食べすぎちゃったなぁ」
と落ち込みますよね。

しかも体重も増えますし…

吹き出物も出たりしますよね。

生理の1週間くらい前から
食べすぎてしまう過食状態になるのは、

医学的には、
女性ホルモンの影響があります。

わたしたち女性の体は、
妊娠しやすい排卵日を過ぎると

女性ホルモンが妊娠モードに切り替わります。

妊娠していなくても
妊娠モードになるのです。

女性ホルモンを出している卵巣がある場所

拡大図

妊娠していないと、
女性ホルモンの妊娠モードが終わって
生理になるようになっています。

女性ホルモンが妊娠モードに切り替わると、

赤ちゃんがいる前提で
赤ちゃんをあたためようとして体温がアップしたり、

栄養をためこもうとしてむくみがちになったり、

赤ちゃんのために
栄養をいっぱいとろうとして、
食べ過ぎ、過食気味になります。

ですから、生理前に食べ過ぎて
過食になっているのは、
あなたの性格とかではなく、

女性ホルモンのしわざなんです。

自律神経と食欲の関係

生理前になると、
自律神経のバランスが弱くなり、
ストレスがたまりやすくて

ストレスを発散させるために、
体をリラックスモードにしようと
食べまくってしまうというのもあるんです。

 

わたしたち人間は、
何かを食べていると
自律神経が
リラックスモードになりますから、

 

食べまくってしまうのは
それだけ体が
「リラックスモードになりたがっている」
ということなんですね。

 

あなたは、生理前になると
いつもよりイライラしたり、
なんとなくモヤモヤしたりすることって
ありませんか?

 

体はその気持ちを発散させようとして
リラックスモードになるために、
「たくさん食べろー!」
というモードになってしまいやすのです。

自分ではどうにもできないのかな?

というと、そうでもありません。

慶應義塾大学の病院の
産婦人科の先生をしていた
テレビにも出ている
横倉恒雄先生は、

お腹が空くまで待ってから
好きなものを「おいしい~♪」
と言いながら
食べるようにしていると、

食べた満足感がなかった人でも
満足して食べられるようになってきて、

好きなものを好きなだけ食べていても
体に必要な量だけ
食べるようになってくるので
食べまくっていたのが落ち着いて
体重が減ってくる

と話しています。

この記事を提供した方

他にも、人に言えない
生理前・生理中の
辛い・しんどいが楽になる情報を
あらゆるシチュエーションから
紹介しています^^
めぐみ様のブログはこちらをクリック

 


公式LINE@で集客診断シートを配布中!

集客をマーケティングに変える
サポートをしてくれる
会員限定コンテンツ無料でプレゼント!

3秒で無料プレゼントを受けとる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。