「それ、失敗するよ」

 

宇部和真【社外企画部】公式LINE@はじめました。

いま、登録をしていただければ、
特別なプレゼントをご用意しています。
LINE@公式アカウント登録については
こちらをクリック

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

増収増益コンサルタント 兼
1本誘客コピーライターの宇部和真です。

 

「え?それで独立?」

本日、とある女性の会社設立のご相談を
受けていた時のことです。

 

よく、会社を設立したいという
未来の社長さんがご相談にらっしゃいます。

 

「1年、2年後には、自分で化粧品会社を立ち上げたい…」

 

そう言っていたのですが、
私はある意味、唖然としました。

 

相談者の方は、美容業界にいたこともない、
未経験のジャンル(美容)で、
会社を設立する予定でした。

 

私が「何故、美容業界に?」と尋ねると
即座に、「儲かりそうだから」と返事がありました。

 

「儲かるといってもどれぐらいの月商であれば
儲かると定義していますか?」

と尋ねると、「150万円ぐらいです。」と。

 

「では、その150万円は
何に使うためのものなんですか?」

と私が質問をしたら、

「親の介護や貯金に回すからです」と。

 

・・・
・・・

なるほど、なるほど。。。

 

では、もう1つ質問です。

「法人(会社)にしなければいけない、
最もな理由はなんですか?」

 

すると、相談者の方は、、

「化粧品を販売したり販路を広げるためには、
個人事業主では舐められるから、
法人を立ち上げたい
と思いました。」

 

続けて私は、「他にはありますか?」

と尋ねると…

「会社で働くのが嫌なんです」
「お金が稼げればいいんです」

 

私は次の瞬間、決定的な質問をします。

 

 

「あなたの夢はなんですか?」

 

・・・
・・・

相談者:「お金持ちになることです」

 

やっぱりね・・・^^;

 

この時点でわかることがあります。
ここまで読まれたあなたにもわかると思いますが、

 

「何故、ビジネスをするのか?」

 

といった、根本が
間違っている、ということに気づきます。

 

お金を稼ぐことはもちろん大事なことですし、
悪いことだとも思いません。

 

何故なら、お金は道具だからです。

 

人を助けるにも、
人を応援するにも、人を守り抜くにも

お金という道具があれば、すべて解決できること。

 

ただ、今回の場合、

お金を追い求めすぎて、全くと言っていいほど
未来のお客様の顔が見えていない。

そもそも、「何故、ビジネスをするのか?」
ビジネスを”やる理由”が全て自分ベクトルである。

 

だから私は、

「それ、失敗するよ」

 

と、心の中で大声で叫びました。

 

そもそも、ビジネスとは、
人や社会の問題を解決するために起こすべき

シゴトであるべき と、
定義しています。

 

たとえば、

日本一のプロダクトがあっても
誰にも求められていないプロダクトなら

それは、売れません。

 

逆に、日本で10番目のプロダクトであっても
多くの方から支持されて
求められているものであれば、

瞬く間に世の中に浸透していきます。

 

そう。

ビジネスは、

誰の役にも立てなければ、
得られる報酬はゼロなんです。

 

だから、自分ではなく、相手ベクトルで、
物事をはじめられないと絶対にうまくいかない。

それが、ビジネスの本質なんです。

 

いつの時代も

人と人。

人がいて、その人の問題が浮き彫りになって、
その問題を解決することにこそ、

シゴトの楽しみを見出せるもの
だと思っています。

 

今回の一件は、ちょっと残念でした。。。

自分だけが良ければ良いという時代は
とっくに終わりました。

 

綺麗事のように聞こえる方も
もしかしたらいるかもしれませんが、

綺麗事も言えない人に何ができるか?と考えれば、

ビジネスの本質である

に、フォーカスできる「美しい起業家」を
私は増やしていきたいと思っています。

 

今日のメルマガ、あなたはどう思いますか??

 


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。