canonicalの使い方|こんなときどうする?【ミラーサイト対策】


前回の記事では、グーグルさんのアドバイスを含め、「canonicalってなによ?」についてお話しました。

この記事では、canonicalの使い方と、使うタイミングについてお伝えしていきます!

canonicalを間違えずに入れてみよう

「head要素」覚えていますか?(前回の記事で解説)
サイト内の、つらーーーっと羅列された文字列(コード)には、頭の部分と体の部分に分かれているということでした。
canonicalは、頭の部分に入れないと、グーグルさんにガン無視されます。笑

head要素(頭部分)に入れる

コードの中に実際に入れてみると、こんな感じです。

[aside type=””]
<head> <link rel=”canonical” href=”http://あなたのサイトURL”> </head>[/aside]

これを行うことで、検索したときに結果として表示されるサイトURLは、他に似たような記事があっても、これ一本!という感じになります。

設置する場所は、前回記載した通り、ソース(文字列)の上部に記載するのが確実で安心です。

canonicalを使った方がいいパターン

これまた、canonicalを使ったほうがいいケースと、使わなくてもいいケースがあります。
【 例 】商品名は同じで、色違いのTシャツ

それぞれのURLは、こんな感じ。

・http://www.●●.com/t−shirtA.html
・http://www.●●.com/t-shirtB.html
・http://www.●●.com/t-shirtC.html

実際、画像だけが違うサイトなので、グーグルさんの嫌いなコピペサイトと思われてしまいそう・・・。
こんなときは、どれか1つを優先して、そのURLを残りの2つの色のTシャツページにcanonicalを設置してみましょう!


今回選ばれたURLはこちら!!!
↓↓↓
http://www.●●.com/t-shirtB.html

この設定を行うことで、グーグルさん側で

[voice icon=”http://jackkoubou.com/wp-content/uploads/2017/03/googleg_standard_color_128dp.png” name=”グーグルさん” type=”r line”]これはコピペページと思われないように、対策してくれたのね♪[/voice]

と分かってくれて、質の低いサイトと思われなくて済みます^^

 

【 DMM.com パートナー就任企画 】ブログ・ホームページ診断会
  • ブログ・ホームページからのお問い合わせ・お申し込みに毎月バラつきがある
  • ブログ・ホームページからのお問い合わせが全く来ない
  • 専門的な資格があれば、集客に困らないと思っていたのに現実は違った
  • 反応が取れるブログの書き方や、構成を知らないので、何が分からないか分からない
  • ブログやSNSで告知しているが、購入まで繋がらない

拝啓
ブログを更新しているのにお申し込みに繋がらない協会インストラクターのあなたへ
↓↓解決策は、こちらをクリック↓↓

関連記事

検索されるキーワードの調べ方を30分で1記事にまとめてみました!

「 女性にやさしい ブログ集客 」アクセスアップに繋がる対策とは

キーワード 検索数を調べてヒットを狙うためのファーストステップ

行列のできるサイトにするために必要なこと

管理栄養士 なのに 米粉専門 の パン作り研究家 に学ぶ! ファンが集まる 仕組...

ブログ集客 | アクセス が重要視されるようになった理由