2017/03/21

お金は大事。だけど、「お金を稼ぐ理由」が重要。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
どうもです。惹句クリエイターの宇部和真です。
 
突然ですが、、
 
「今のあなたにとってビジネスをやる理由ってなんでしょうか?」
 
十人十色な意見が飛び交う、この問いに明確に答えられる準備はできているでしょうか?
 
 
2017年には入り、既に20日が過ぎようとしています。
肝心なスタートダッシュになる月。
 
 
「初月、残りの10日間をどう過ごしたらいいのか?」
 
 
私は常に、自分に対して最高の質問を行うようにしています。
その結果、行き着いた質問は「ビジネスをやる理由は何か?」ということです。
 
 
私に取ってビジネスとは、自分が生まれた瞬間に、
この人生で約束したことを成し遂げるために用意された舞台である。
 
と考えます。
 
コレ、我ながらものすごくしっくり来てます(^_^;)。
 
 
時折、こういったことを考えることは、
今、何故ビジネスをしているのか?という重要で大切なことを忘れない為です。
 
 
ほとんどの方はお金が欲しくてビジネスを始めたり、
会社に嫌気がさして、起業という選択肢を持つことからビジネスが始まると思います。
 
お金は大事。だけど、「お金を稼ぐ理由」が重要。
 
 
お金が欲しくて お金が欲しい人 っていないと思うんです。
 
たとえば、どこか遠くに出かけてみたい。美味しいものを食べに行きたい。素敵な車に乗りたい。会いたい人に会いに行きたい、といった願望や理想は様々あると思いますが、結局、それらの実現にはお金がかかるわけです。
 

お金が欲しいということは、お金というドウグを手に入れた先にある自分の願望とか理想を実行する為に必要になってくるドウグなんです。

 

 
だから、お金というドウグの使い道を決めていない。そもそもお金を稼ぐ理由が曖昧だと、ビジネスは絶対にあなたの人生で約束したことを成し遂げる為の舞台には立たせてくれないんです。
 
 
あなたはこの人生で何を成し遂げますか?
その為には、どんなドラマティックな舞台を用意しますか?
 
宇部 和真
 

追記
 
そういえば、SHAPEビジネス起業準備勉強会のページは確認していますか?
 
今なら、起業準備5原則セットを受け取れます。
ただし、募集終了次第、配布終了になりますのでお早めにご参加下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2017 All Rights Reserved.