こんばんは。
惹句工房の宇部和真です。

さて、本日もよくある質問に
お答えしていこうと思います。

 

【 今日の質問 】

カウンセリングサービスを始めたいと思って
ひとまずメニューを作ったのですが

これからどのようにして
集客をしていこうか悩んでいます。

カウンセリングのように
目に見えない商品を集客するときは
どんな風に集客を考えていけば
いいでしょうか?

アドバイス頂ければと思います。

– 20代 女性 会社員 –

 

【 回答 】

これからは、
コンサルタント業界も、コーチング業界も、
カウンセリング業界も、

『 実物 』販売の時代です。

目には見えないものほど
商品・サービスを《 実物化 》しておくことを

オススメします。

実物化とは・・・

イメージとしては、百科事典
これがヒントですね。

 

売れる状態3点セット ≪ 商品名・見た目・価格 ≫

この3点を”お客様目線”で表現できている
専門家や会社の商品は、説明不要で

商品が売れていきます。

 

【 贈る言葉 】

僕が起業した頃

ビジネスを教えてくれた師から
こんな言葉をもらいました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自信とは、
自分を信じることじゃない。

自信とは、

『自分のしてきたことを
信じる』ことだ。

(^0_0^)
してきたこと、
デキたこと、を≪ 実物化 ≫して

それを、自分が提供出来る材料とすること。
それ無くして、自信を以て
おススメできる 商品・サービスを
提供できる訳が無い。

我が師より

~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕は、そう教わりました。

だから、実物化させることで
それがどんなものなのかを見える形にして
手に取ってもらうことが大切です。