ペライチ × 惹句工房『秘密のペライチ勉強会』開催レポート|夏のデートを断ってでも参加したい 『秘密のペライチ勉強会』その内容とは?

(備忘録)この記事では、2017’8月2日 ペライチ社で行われた『秘密のペライチ勉強会』の模様を小出しします。

ペライチスタッフ上田さんの脳みそを解剖できる機会があったら・・・

夏のデートを断ってでも参加したい
『秘密のペライチ勉強会』その内容とは?

惹句工房代表の宇部和真は、7月、ペライチサポーターの最上級ランクである「千葉県代表サポーター」に就任しました。
ペライチの作り方を教えるのみならず、活かし方までを教えることができます。

 

ペライチ代表サポーターとは

 

サポーターの中でも各都道府県の代表として、
ペライチ本部と共にペライチを通したWebページの普及、
ユーザー様の成長にご尽力いただく方々です。

代表サポーターは基本的に各都道府県毎に5名までとなっています。

ペライチ認定サポーター制度

 

 

そこで、今回は、ペライチ社内スタッフの上田さんと共に、ペライチを使って売上を上げる裏ワザを特別、宇部和真から招待された方々にだけ、公開することになりました。

僕自身がペライチをユーザーとして使って、実際に月に300万円以上売り上げを出している、具体的なノウハウをお話させていただきました。 自分でいうのもなんですが、めっちゃ濃かったと思います(笑) 今までの上田家の苦労が、このような形で皆…

上田 和貴さんの投稿 2017年8月4日

 

ペライチの上田さんと宇部の出逢いは、4年前のBBQ。

宇部がペライチサポーターになってから、たまたまペライチで開催されている「ペランチ」に参加する機会があり、他のスタッフの方々と話していると、「宇部さんですか?」と上田さんが声をかけてくれたのがきっかけで、二人は再会。

 

BBQで知り合ってから、一度も再会することのなかった二人がペライチという会社を通じて再会することになるとは、誰も思っていない展開。ドラマのような再会に、テンションが上がったことを覚えています。

しかも、上田さんと宇部は同い年。

 

その後、話が盛り上がって、ランチをする仲になりました。

 

出逢って、4年。

お互いの活動を報告しあい、
「なぜ、ペライチなのか?」を熱く語りました。

 

そんな話をしていると、上田さんの実家の話が出てきました。

上田さんの実家は、実はテントを作っている会社を経営されていて、もう何十年も受け継がれている老舗。

 

2年ほど前、上田さんの実家の経営の立て直しのため、
ホームページ作成スキルもない。マーケティングの知識もない。

だけど、今すぐ売上を上げないといけない。。。
そんな状況を上田さんはご家族から報告を受けたそうです。

 

「なんとかしなければ・・・。」

 

そこから、上田さんのペライチ伝説がはじまります。

 

ホームページも、マーケティングもズブの素人だったところから、
独学でインターネットで売上を上げる方法を学び、
自ら実践していった結果、

順調に売上を伸ばしていきました。

 

その時に、活用していたのが「ペライチ」というツールでした。

 

いつも、上田さんが語っているのですが、
「僕はペライチが好きすぎて入社しちゃいました」

ニヤニヤしながら告白してくれます。

 

本当にペライチが好きなんだろうな・・・と、
誰もが思うような会社としては鏡のような存在。

それが上田さんという男です。

8月2日 ペライチ社で行われた
惹句工房主催の『秘密のペライチ勉強会』では、

 

前半は、

ペライチとは何か?
ペライチを使った活用方法

を宇部からお伝えさせていただき、

後半は、

上田さん自身がペライチをユーザーとして使って、
実際に月に300万円以上売り上げを出している、
具体的なノウハウをお話いただきました。

そこで、とても重要なことだと思ったのが、

大前提として、

人は、商品の説明を
「読まない」「信じない」「行動しない」

という基本原則です。

 

私も、コピーライターとして独立した身ですが、
コピーライティングの世界では、

上記の「3大ない」は、広告を作成する時の基本だったりします。

では、どうすれば、

読んでくれるのか?
信じてくれるのか?
行動してくれるのか?

 

ですが、

「たった一人の悩みを的確に知ること。」
「その悩みを解決するための文章を構成すること。」

 

とおっしゃっていました。

 

私もペライチで作成された
集客用の原稿を毎日添削していますが

その多くの内容が、

「たった一人にまで絞られていない」
「そもそも対象となる方の悩みを知らない」

ために、文章の構成が読まれないもの
になってしまっている。

ということがほとんどでした。

 

じゃあ、どうすれば、
的確に対象者の悩み事を把握して、

たった一人に見て読んでもらえる、
信じてもらえる、行動に移してもらえる

ペライチを作成できるのか?

 

それは、、

「繰り返し、結果を検証すること」

だとおっしゃっていました。

 

たしかに、

どれだけ自分がいいと思ったセールスレターも
相手にとって刺さらない言葉を使っていたのでは、

なんの反応も取れないのは、

当たり前です。

 

だからこそ、

「繰り返し、結果を検証すること」

それが、一番大事なことなんだと思います。

 

最後に

あなたは、まず大前提に捉えるべき、人は「読まない、信じない、行動しない」を知った上で、
読んで、信じて、行動してもらいたい人に届く、ペライチを作成できていますか?

それらを行った上で、反応を検証できる体制は整っていますか?

 

もし、それらの基礎から応用までの一連のペライチの活用方法を、
成功事例と共に知りたい人がいたら、こちらでシェアしていきますね!

(8月限定 「ペライチの力」講座 夏期 特別招待 講習)
続きはこちら!

 


▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。