差別化に悩むあなたへ「とっておき」の
マンネリ化脱出法、伝えます。

ブログを更新するも、ホームページを改良するも、

● なかなか認知されない(お申し込みに繋がらない)
● 同業との差別化に苦戦している
● お申し込みが入っても、キャンセルされることが多い

といった、ブログやホームページ等の、Webメディア運営に苦戦する事業主さんに共通していることは、

1人で仕事をするのはやめましょう!

ということです。

どういうことなのか?

相談に来られる事業主さんが、思うような結果に結びついていないとによくあるのが以下。

つい目先の仕事を「こなさなきゃ」という想いが強なってしまい、
ブログを書くにも、メルマガを書くにも、相手が人ではなく、PCやスマホ、目の前の利益になってしまっています。

届けたいのは「人」ですよね?

届けたい相手を想像すれば、
何を届けるべきなのか?
どんな情報を必要としているのか?

が、わかってきます。

届ける情報が決まった後に行うべきこと = 差別化をはかる

今回、差別化の測り方が解りやすい例があったので、ご紹介します!

先日、こんな記事を見つけました。

2017真夏の新作コンビニアイス!話題コラボ&数量限定の14品

 

こういうの、見ちゃいますよね。
「美味しそう〜」と思う傍ら、事業主や起業女子が苦戦する「差別化」の部分でいくつかポイントがありました。

【夏の新作コンビニアイスに学ぶ】中小企業・個人事業主の差別化の図り方とは?

「すでに聞いたことある。」
「すでに見たことある。」

という理由で、振られ続けるあなたは、
一体、何が足りないのでしょうか? 

① 断れない理由があるか?

今、他の約束を断ってでもそこに参加する理由はあるか?
今、他の注文を断ってでもその商品を購入する理由はあるか?

このコンビニのアイスたちは、
まさに「断れない理由 = 夏限定(コンビニ限定)」という文言で謳っています。

② キャッチコピー

一番簡単に、わかりやすく差別化を生むには、
キャッチコピーをつければ解決します。
同業の商品でも、キャッチコピーがあれば、
お客様の問題を解決できる ”お約束” が、一目でわかるので、見る側も「私のことだ!」と、認識しやすくなる。
つまり、届けたい人に届くようになります。

● なかなか認知されない(お申し込みに繋がらない)
● 同業との差別化に苦戦している
● お申し込みが入っても、キャンセルされることが多い

 

原因は、断れないオファーとキャッチコピーの有無かもしれません。

 

追伸・・・

毎週更新されるコンビニアイスの人気ランキングが見られるサイトを発見!
もぐナビ