女性の在宅ワーク最新情報|オンラインサロン運営とは?


女性の在宅ワーク = 今後増える”職住”という働き方をご存知ですか?

 

子供を持つママたちが、家族との時間を大切にしたい。
そう思う一方で、
夜遅くまで子供を預かってくれる場所を探したり、
職場の近くで預けられる場所を探したり。

パートタイムやフルタイムで働く場合は、
こういった状況になり兼ねないのが現状です。

なぜ、ここまでして働かなければいけないのか、その背景にあるものとは?

そして、ハンドメイドのものを販売したり、
資格を取って、お教室を開催する方が急上昇しています。

ママ起業や在宅ワークが増えることで何が起きる?

経済的、時間的自由を叶えられる働き方として
「起業」というカタチを取る女性が増えてきました。

厚生労働省も、女性起業家を増やすために、
セミナーを開催するようにと公共機関に指令を出している状況です。

日本自体でも、正社員ではなく、起業、フリーランスという働き方は
増えてくるでしょう。

例:料理教室を運営する場合

料理教室を1回5,000円で開催する。
参加者4名 = 20,000円
材料費、会場費 = 10,000〜15,000円
手元に残る利益 = 5,000円〜10,000円
準備、後片付けにかかる時間=3〜4時間

準備、顧客対応、買い出し等、結局時間に追われる。
材料費がかかるから手元に残る金額は、ごくわずか。
集客もしなければ、お客様が来ない。
毎回満席になるとは限らない。

このままでは、結局何も変わらないんじゃ??

そう思い、何か解決法はないか考えました。

その働き方が、やっとみつかりました。

オンラインサロン運営って、知ってますか?

”職住”(しょくじゅう)という言葉をご存知ですか?

元々の意味は、「職場の近くに住む」ということですが、
ここでは、「家にいながらシゴトをする」と定義します。

この、職住という新しいワークスタイルこそが、オンラインサロン運営なのです。
AIの発達、世の中はどんどん便利になっていく中で、新しい考えを取り入れなければ
なかなか生き残ることが難しくなってきています。

私たちの掲げるビジョンとは

惹句工房のビジョンは、女性起業家の10年生存率を10%引き上げること。


これまで1000人以上の個人事業主、起業家の方からの相談を受けてきた惹句工房代表の宇部和真は、女性起業の生存率が下がる理由は、以下のような状態がほとんどだと気づきました。

起業する女性が増えてくるとなると、この悪循環も増えてくるでしょう。

起業というスタート地点に立てても、正しい道のりを知らなければ、長く生き残ることはできません。

その部分を、私たちで、今みなさんが見えていない道を作り、整えることができる。
そして、すでにお子さんがいる方だけではなく、これからママになる人が
「諦めない」「制限されない」
という選択肢を増やしていきたいのです!

【 DMM.com パートナー就任企画 】ブログ・ホームページ診断会
  • ブログ・ホームページからのお問い合わせ・お申し込みに毎月バラつきがある
  • ブログ・ホームページからのお問い合わせが全く来ない
  • 専門的な資格があれば、集客に困らないと思っていたのに現実は違った
  • 反応が取れるブログの書き方や、構成を知らないので、何が分からないか分からない
  • ブログやSNSで告知しているが、購入まで繋がらない

拝啓
ブログを更新しているのにお申し込みに繋がらない協会インストラクターのあなたへ
↓↓解決策は、こちらをクリック↓↓

関連記事

秘書 がブログ書くってよ!

号外!?束の間の クリスマス【開催レポート】

キーワードプランナーを使ったSEO対策方法【3分間ワードプレス準備講座】

宇部和真 とは | 宇部和真 の 得意ワザ

モヤモヤした現状を変えるとっておきの質問とは

商品が売れないんです 〜 売れる理由と対策はタダで手に入る時代 〜