時代の変化とともに、必要とされる職業というか、働き方も変化しているのが非常に分かりやすい例ですね!
ただ、変わらないのは、どんな職種であれ、困っている人の「お役に立つ」ということ(^^)

 

 

 

引用元:東京経済