生存する 女性起業家 の15%が実行していること

 

宇部和真【社外企画部】公式LINE@はじめました。

いま、登録をしていただければ、
特別なプレゼントをご用意しています。
LINE@公式アカウント登録については
こちらをクリック

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
坂本 愛
ペン1本で、”売れない”起業女子を”売れる”起業女子に変える集客エージェント 私自身、売れない起業女子から惹句工房で活動を初めて1年。 圧倒的に不足していたのは、経営の知識と戦略と、それを実行する戦術(マーケティング)の知識。 必要な情報は、専門用語やマーケティング用語がほとんどで、起業女子が検索にありつけないため、 私自身が学び、実践し、普段からインプットしていることを、噛み砕いてお伝えしていきます。 当時の自分と同じ状況の人を1人でも減らすために、 時間・場所・回数を選ばずに学べる、このオンラインサロンを立ち上げました。 ビジョンは、自立した起業女子を増やすことで、日本の起業家10年生存率を、10%まで引き上げること。

こんにちは!
チアプレナー の 坂本愛 です^^
このカテゴリーは、以下のようなお悩みをお持ちの方に、ぜひ挑戦して頂きたいワークが詰まっています!

・ターゲットを絞り込めない
・自分が売りたい商品・サービスを売ってしまっている
・たくさんの人と会っていれば、なんとかなるのではないかと思っている。
・何がいけないのか、誰に聞けばいいのか、分からない。

こういったお悩みは、起業家に必要不可欠な4つのチカラによって解決できます。

起業家に必要な4つのチカラとは

1、質問力
2、企画力・情報デザイン力
3、決断実行力
4、ギャクサンダンドリ力

今回の無料講座のテーマは、起業5年目である 惹句工房 代表 宇部和真 が、独立後、これまでに1000人以上の起業家・経営者様のお悩みを解決しながら、1年で年商1096万円を達成するまでの実際の行動記録をまとめた全800ページに及ぶ、誰にも真似できないオリジナル実践書を抜粋したものです。

 

起業家の5年生存率がたった15%と言われている時代の中、生き残る起業家になるための4つのチカラを、ワーク形式で1つずつ学んでいきます!

その1 質問力(ニーズを捉える)

起業家のはじめの一歩は 目の前の人が今何に困っているのか?を 徹底的に探る(知る)ことであり、起業家自らが 見込み客との強い関わりを持つことである。

なぜ、質問力が大事なのか?

それは、失敗してしまう起業家と成功する起業家の違いにありました。

失敗してしまう起業家の多くは、「自分が売りたいモノを売っている」のに対し、 成功する起業家は、「相手が欲しがるモノを、相手が欲しがるカタチにして販売」しています。

すべてのビジネスは、自分と他者との関係性の中で成立しています。

なので、あなたが提供できる「価値」に対して、「対価」を頂けるのだとしたら、まず、 対価を頂ける 価値 を見つけなければなりません。
その為にビジネスの最強の武器となるのが質問力なのです。

では早速、以下のワークでニーズ捉えるチカラを鍛えていきましょう!

質問力(ニーズを捉える)を鍛えるワーク


・あなたの周りには、どんなことに困っている人がいますか?

・その人たちと仲良くなる方法はなんですか?

・その人たちはどこにいますか?(リアル & ウェブ)

・いつ?どのような手段?方法?で、お悩みを聞き出しますか?

いかがでしたか?^^

次回は、こうすればうまくいく4原則の2つ目『企画力・情報デザイン力』について学んでいきましょう(^-^)

期間限定で特典配布中!

まったくのゼロからいかに最初の集客を成功させるか、そして、ここからはじまる収益を安定させる全ステップを公開しています!
下のボタンを押して詳細を見てみてね^^

今なら、期間限定で宇部和真が対応した女性起業アイディア25事例集(P125ページ)をお配りしています♪
あなたのビジネスにも活かせるアイディアが詰まっていますよ^^
↓↓↓↓↓↓↓↓


この記事を書いている人 - WRITER -
坂本 愛
ペン1本で、”売れない”起業女子を”売れる”起業女子に変える集客エージェント 私自身、売れない起業女子から惹句工房で活動を初めて1年。 圧倒的に不足していたのは、経営の知識と戦略と、それを実行する戦術(マーケティング)の知識。 必要な情報は、専門用語やマーケティング用語がほとんどで、起業女子が検索にありつけないため、 私自身が学び、実践し、普段からインプットしていることを、噛み砕いてお伝えしていきます。 当時の自分と同じ状況の人を1人でも減らすために、 時間・場所・回数を選ばずに学べる、このオンラインサロンを立ち上げました。 ビジョンは、自立した起業女子を増やすことで、日本の起業家10年生存率を、10%まで引き上げること。