【目の前のことに全力を尽くす】

伊達政宗は、『おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。』と言った。

火事が起きたとしたら、出火原因の特定は後。
真っ先にやるべきことは、今、目の前の火を消すこと。

火事が起きたという事実は変わらないのだから、
今目の前のことに全力を尽くすべき。

という教えです。

この話、当たり前のようで
実行するのは難しかったりしますよね。

これからの将来も一緒。

これから10年、どうなるかなんて
誰も予想はできないですし

自分のキャリアがどうなるかなんて考えて
悩んでいるよりもっと大切なのは、

「目の前のことに全力を尽くすかどうか?」

僕自身も悩むことはある。
だけど、その悩んでいる時間って

ほとんど何も生まない^^;

だから、未来をより良くするには
どうしたらいいのか?について考えることに
シフトするようにしています。

気を抜かず、
【目の前のことに全力を尽くす】

悩むのはダメ。考えよう。

で、午後も目の前のことに全力を尽くす。

宇部和真

【追記】

質問やご相談もLINE@で受け付けてます。
もしわからないことがありましたらご連絡くださいね。

友だち追加

 

■【社外企画部 宇部和真 がお役に立てること】

・新しい価値を生み出し、仕組み(企画部)を立ち上げること。
・新しい価値を生み出し収益を生み出すこと

を得意としております。

新しい種を蒔き、成長という花を咲かせるためには
アイデア(企画)という肥料は欠かせません。

社外企画部は、
いつでも企画・アイデアをご提案し、
あなたと共にステップアップしていきたい

と考えていますので、

事業に行き詰まりを感じていたり、
起業・ビジネスアイデアに煮詰まっているのであれば

ご連絡ください。

⇒ [btn class=”big”]社外企画部に今すぐ相談したい[/btn]

あなたにできることは無限に存在します(^0_0^)