自分の業界ですでに”売れている商品”を、自分でも取り扱うことができれば、
売上は約束されたも同然です。「あの○○が、新○○になりました!」とすれば、一気に注目の的。

「御用聞き」を積極的に行うことで、新しくするべき”部分”がわかります。