この記事では、WEBからのお申し込みやお問い合わせを増やすための改善策の1つである
ランディングページ(LP)について、初心者でもわかるように解説していきます!

申し込みが取れるランディングページの記事は、こんな起業女子にオススメ!

1、ブログからお申し込みや問い合わせがなくて悩んでいる。

2、ランディングページって、言葉自体は聞いたことあるけれど、
何のことかイマイチよく分かっていない

3、反応が取れるランディングページを書けるようになりたい

それでは、今回は解説していきます!

【起業女子向け】ランディングページ(LP)とは?

あなたの商品やサービスの詳細〜お申し込みまでの流れが記載されており、
読者が、検索からあなたのWEBサイトに訪れた際に最初に見るページのこと。
もっと簡単に言えば、お申し込みページのことですね!

検索からやってくる場合、あなたのブログやホームページとは別にランディングページを用意しておくと、ヒットしたものがランディングページだった場合、
直接販売ページを見てもらうことができるのです^^

例:マッサージに行きたいとき

「肩こり マッサージ 渋谷」で検索すると、

検索結果が、あなたのブログ記事よりも、施術メニューが記載されている予約フォームが上に出てきた場合、早くマッサージを受けたい人にとっては、ありがたいですよね?

【起業女子向け】ランディングページを設ける意味を、読者目線になって考えてみよう!

検索からやってくる人は、おそらく、すぐに自分の悩みや問題を解決したいために、
インターネットを使って検索します。

そこで、ランディングページを1枚作っておくと、
あなたの商品・サービスのニーズに当てはまるお客様にとっても、迷わずに希望通りのサービスに出逢いやすくなるということですね!

以前は、縦長で文字がたくさん書かれているランディングページがメジャーでしたが、
最近では、動画や画像が多めの方が、読者にも好まれています。

効果の出るランディングページを作成する = LPOとは?

LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、ランディングページ最適化といいます。

最適化とは、簡単に言うと、ランディングページから成約率を上げるための策といった感じでしょうか^^

こういった反応の取れるランディングページをスラスラ書き上げるのは、
コピーライターのお仕事でもありますが、ポイントさえ抑えてしまえば、
初心者のあなたでも、今より反応率を上げることは可能です!

反応の取れるランディングページ(LP)を書くために必要なことについては、
また次回お話しますね!