こんにちは。
惹句工房の宇部和真です。

自分ビジネスを始めて6年が経ちます。
その間、事業の安定というものは一度もありませんでした。

これが現実です。

なぜ、自分ビジネスを22歳から始めて、6年やれているのかを考えた時、1つの答えが出ました。

それは、「価値ある目標を設定する」ということです。

どういうことか?というと、おそらく多くの人は、目標を立てているようで立てていません。

目標が曖昧だったり、目標がつまらないものだったりすると、事業は停滞どころか、”後退”していきます。

その結果、

多くの起業家が資金ショート。という問題によって、生き残ることが難しくなってしまいます。

冒頭にも書きましたが、
自分ビジネスを持ったら安定などは存在しないんです。

それは、余程の成功を手にした人だけです。

自転車を想像してみてください。
自転車が最も安定する時というのは、
早くこいでいる時です。

タラタラと自転車をこいでいると
バランスを崩します。失速すれば、地に足がつきます。

価値ある目標とは

それに向かって365日考えていることであって、
それを達成するには、1日24時間では「足りない!」と思える興奮する目標でなければいけません。

自転車で言えば、今すぐそこにたどり着きたいと思えるゴールを設定できるかどうかです?

今のあなたはどうですか?

宇部 和真