増収増益コンサルタントの宇部和真です。

売るモノ・売れるモノができたら、、、
大前提として、

「 集客 」してはイケません。
※集客とは、見込み客の居る所に
自らが赴き手を引っ張って”連れてくる”こと。

『 誘客 』することデス。
※誘客とは、見込み客
自らの意志で赴いてくれること。

 

だからこそ、

『 見込み客の動線(導線)を創り出す事 』が、

重要なんです。

 

リアルオペレーションでも
ウェブオペレーションでも

同じことです。

 

以下は、賢人の語録より。

人を動かすには、

『 相手の欲しているものを与える 』のが、

唯一効果的な方法である。

 

ここで1つ、代表例をお伝えします。

 

誘客したければ、誘客できているところから学べ!!

最近、私は、集客を誘客に変えるために
あることを研究しはじめました。

 

・・・
・・・

それは、「雑誌」です。

「今の時代に雑誌ですか?」

と、思われるかもしれませんが、
私は雑誌から誘客のヒントを得ることができます。

 

しかも、誘客できている
異業種の誘客方法をそっくり真似すれば
ビジネスはうまくいくからです。

 

どういうことかというと、
多くの個人事業主・小規模事業者は

自分の業界で
当たり前になっているやり方ばかりを
調べたり、研究すると思います。

 

けど、それは間違いです。

 

自分と同じ業界の当たり前を調べて
ちょっと良い”やり方”があったからといって

そのまんま戦術を実行しても、
そんなものは、

他のライバルはとっくにやってる。

わけです。。。

 

だから、私たち
小さな個人が取るべき戦略は

異業種の戦術をそのまんま取り入れる。

ということです。

 

実際、ビジネスの世界では、
異業種でうまくいっている戦術をそのまま
自社でも取り入れる、ことは

1つのセオリーになっています。

 

ソフトバンクが
何かのキャンペーンをやったら

ドコモが同じようなキャンペーンをはじめる。

みたいな・・・^^;

 

ということで

今回は、夏ということで
私が雑誌を読んでリサーチした
サーティーワンの戦術をご紹介します。

サーティーワンの事例

サーティーワンって
アイス業界ではトップレベルですよね。

街でサーティーワンを見かけたら
夏のこの時期、

人がいない

なんてところを
見たことがありません。

 

私がよく通っていた吉祥寺なんて

駅前に構えているし、
学生が多い街のせいもありますが、

いつもサーティーワンの前には、
行列ができています。

 

つまり、サーティーワンは、
集客ではなく、誘客に成功した企業

だと判断していいと思います。

 

何故、誘客できているのか?

 

スマホアプリの導入

まず、彼らは
スマホアプリを導入していますよね?

昔は、メルマガを発行していたと思うのですが
今はスマホを使ってキャンペーンなどの
オファーをしています。

 

アプリを使えば、
スマホのプッシュ通知で

常にお客さんの目にとまるようになっています。

 

暑い時期に美味しそうな
新商品のアイスの写真が続々と送られてくれば

街でサーティーワンを見かけたら。。

「そういえば、こんなクーポン来てたな」

なんて、記憶を辿って
友達に声をかけてお店に入っちゃうわけです。

 

LINE@の導入

それから何と言っても
LINE@の導入は大きいかなと思います。

 

なぜなら、
LINE@はメルマガと違って

 

開封率はほぼ100%

 

と言われるプッシュ型メディアだからです。

 

しかも、登録すると
LINEスタンプがもらえたり

キャンペーンやクーポン券の取得も
できるようになっています。

 

登録しない手はありませんよね?

 

誕生日に1個、アイス無料

この誕生日企画は
どんな職業であっても活用できることですし
もらった本人は、嬉しいはずです。

同伴者1名まで、無料。

とかにして、クーポンを作れば
実質、2人誘客ができることもあるかもしれません。

 

この他にも、カップル限定。

 

としても、半額クーポンや
2人で1つ無料キャンペーンもありです。

 

31日に31%オフ

サーティーワンならではのこの企画ですが
私たち個人事業主が同様のことをやるなら

事業主登録記念 や
起業・独立開業○日・○年記念イベント

と、打って出てもいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか??

雑誌を見ているだけでも
集客を誘客に変えるヒントがゴロゴロ落ちてますし、

タダで一流企業の戦術を
個人でも取り入れられることばかりです。

 

今、行列ができているお店をいくつかピックアップしています。
昨日見つけたのは1日1000人が食べに来る

「かき氷屋」

一緒に行きたい人いますかね??

 

[ 備忘録 ]

最高の体験価値(ちなみに最上級は別です^^;)とは、

自分の創ったモノをお客さんに
お持ち帰りさせること。

である。

 

PS

ちなみに、異業種の当たり前を
自分ビジネスに置き換える方法を時々シェアしています。

惹句工房では、
デザイナーや、Web広告会社
各分野のプロフェッショナルが集まり、
誘客できているお店やサービスの戦術をシェアしまくってます。

少しでも興味がある方は、お問い合わせください。
誘客ヒントを持ち帰ることができるランチ会にご招待いたします。

お問い合わせはこちら

 

増収増益コンサルタント
宇部和真