ウエディングプランナーからのプレゼント 『あの人に報告したい!企画』

来週、友人の結婚式を控えている惹句工房スタッフです。

打ち合わせをしていると、ぼそっと友人がこぼした一言。
「結婚の報告をしたかった人がいるけれども、もう音信不通になってしまった」

調べてみると、そういう方が多いそうです。
10年以上音信不通なことも。

きっと、誰にでもいますよね。
学校の先生、恩師、転向していった友人…。
そんな人に結婚報告をサポートするサービスがあったら、素晴らしいなと思いました。

ウエディングプランナーからのプレゼント 『あの人に報告したい!企画』

これからはフィクションです↓↓
結婚式の打ち合わせに、式場に訪れた二人。
打ち合わせは順調に進み、終わりに差し掛かったとき、新婦の女性がこう話はじめました。

新婦「実は、どうしても私の結婚を報告したい人がいます。
それは、学生時代の親友です…。
でも今は音信不通で、連絡先もわかりません。。。」

新婦の女性は、うつむき、今にも泣き出しそうです。

担当「ご安心ください。当式場では、音信不通の方でも探し当てて、
結婚のご報告ができるサービスがございます」

と言うと、パンフレットを持ってきて、説明してくれました。

■探す難易度は、5段階になっていて、難易度が高くなるにつれて、
費用も高くなる。

■もし、難易度1でも探し当てることができなかった時は、経過報告とともに、難易度2に進むかどうか、依頼主に判断をゆだねます。
また、複数人いる場合は、人数分の掛け算になる。
《例》(難易度1×3名)+(難易度3×1名)=合計金額

■料金設定がわかりやすい

新婦「とても心強いです! 料金もわかりやすくて、ぜひお願いします」

担当「では、その方へ報告の手紙を書いてください。ご友人が見つかった時、当式場スタッフが責任をもってお渡しいたします」

 

ウエディングプランナーからのプレゼント 『あの人に報告したい!企画』ポイント

■このサービスでは、手紙を式場スタッフが渡すことが重要です。
人を探す機関は外部ですが、最後は、相手が不信感を持たないよう式場スタッフが担当。

●新郎新婦は結婚式の準備でとても忙しい。
やろうと思えば自分でもできますが、時間がなくてできない人に代わって、このサービスを利用する方法を提案。

●少し手間のかかるサービスですが、もし披露宴に間に合えば、
結婚する新郎新婦にとっては、「最高のお祝い」になる。


▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。