こんにちは。
惹句工房の宇部和真です。

頭がいい人ほど、
オールジャンルを極めたがるものです。

しかし、シゴトをお願いするとなれば、何か1つの分野で裏付けされた経験則をお持ちの方にお願いしたい。

僕がシゴトを依頼するときは、そういった観点で判断します。

つまり、

『 人の不利見て、我が不利直せ 』

とも解釈できますが、

社会に出れば、教育課程で目標としていた
オールジャンル成績5を目指したところで、それは、

社会的には、平均値になるだけ。

だから、

「 自らのイチバンを持つこと。」

って大切だなあとつくづく思っていますよ。

「この分野に対しては
誰よりも研究しているぞ!」

といったことや、

「その分野には深い情熱があるぞ!」
「それをわかりやすく教えられるぞ!」

といった専門家であること。

シゴトが取れる人は、間違いなくそういう人だと思います。

自らのイチバンを”発掘”すれば
イチバンの”ビジネス”をはじめることができる。

【今日のひとこと】

発掘=ビジネス

その発掘方法のヒントは、
常識と非常識の間にあるということを

忘れないでくださいね(^_-)

と書いたところで、、

こんな新しい職業ができそうだな
って閃いちゃいましたよ。

・・→『 自分ビジネス発掘の専門家 』^_−☆

宇部和真