交流会から帰宅後、名刺を見て、誰が誰だかわかりますか?

 

名刺交換後、家に帰ってから、見返してみる時あるある

かわいい名刺、おしゃれな名刺、スタイリッシュな名刺・・・

見た目はとっても印象的。

けれど帰宅後、

「あれ?誰だったっけな〜」

肩書きを見ても、

「〇〇会社」「〇〇資格取得」「〇〇インストラクター」

「・・・」

思い出せない。
(交流会に行ったのに、結果、交流できていない)

なんてこと、ありませんか?
ということは・・ですよ?
逆も然り。あなたも同じように思われているのです。

解決策は、”7つの要素”を名刺に入れるだけ

実際に、名刺から仕事の依頼が2件入った方が
先月だけで2名いらっしゃいました^^

ポイントは、このシートを埋めただけ。

もしも、
一見、流れ作業のような名刺交換のワンシーンで、
自分が渡した名刺が相手にとって

『忘れられない名刺、捨てられない名刺』

になったら??