こんにちは。
惹句工房 代表秘書の坂本愛です!

本日、『みんなの起業準備室』にご相談に来られた方をご紹介します(^O^)/

寿司職人見習いの男性Yさんです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご相談内容

『 来年以降、今の修行を経て寿司職人として店を出店するまでに、自身のブログを活性化させたい。
企画を告知した際に、すぐに人が集まる状況をつくっておきたい。
そのために最初のセットアップだけ完了したワードプレスを見て欲しい。 』

とのことでした^^

ワードプレスの活用方法とアイディア出し

まずは、ブログのコンセプトを決めないと何も始まらない。
ということで、セッションスタート!

宇部 「誰にどんなことを伝えたいですか?」

Yさん 「20代、同世代に・・」

宇部 「具体的には?」
「具体的というのは、悩みや不安、不満、、つまり ”欲求” ですね。
検索するときって皆、 ”目標に対してわからないこと” を調べるじゃないですか?

Yさん 「健康管理ではなく、食に対して興味がある人に見てもらいたい。
色々な、多くのファンではなく、コアなファンに来て欲しい。万人受けの料理ではなく。」

宇部 「ニッチな領域ですね。料理って具体的にお寿司のことですか?」

Yさん 「そうですね」

宇部 「お寿司のことなら何でも知ってるってどうですか? ”オタク気質” な部分を出す感じで。
”寿司のことなら!!” と、Yさんが研究したものを開示していく。

タイトルに関しては、『寿司バカ日記』とか・・」

Yさん 「おもしろいですね」

宇部 「なんか聞いたことある。というものが良いんですよ。なにそれ?から始まるワンキーワード。それから、「とはつまり」を書く。その掴みがないと、埋もれちゃいます」

例えば、『脱サラしてからの365日寿司日記』とか、、、
これから寿司職人になりたい人も、ターゲットにできますし。」

「掴みが弱いとすぐバツ(閉じる)ボタンを押されちゃうんです。お笑いもそうですよね。
掴みがないと、すぐチャンネルを変えられちゃう。これと同じ原理です(^_-)」
・・・と、こんな感じで話が発展していき、来年の具体的な話に。

来年のビジョンから、ギャクサンしてみよう!

宇部 「2017年にどうなっていたいですか?」

Yさん 「食のイベントも月に2回やりたい。ケータリングのイベントも出したいです。
まだ、現在修行中のお店を離れるつもりはないので、修行の身でいながら休みの時間を使ってやりたいですね」

宇部 「1年で47都道府県を周れたらどうですか?」

Yさん 「いいですね。」

宇部 「月に1回、地元の寿司を食べて、地元の人と仲良くなって、そういう経験を1年で出来たら良いですよね。
知識だったり、人脈だったりつきますよ!「あの地域のあの寿司はいいよ~」って言えたらすごいですよね!」

「しかも、ブログも書きながら」

「コミュニティもあったらいいですよね!
ちなみに、どのくらいの人数がいたらいいですか?」

Yさん 「5~10人くらいですね!」

宇部 「それ、いつからやります(動きます)?」

Yさん 「年内は計画を練りたいので、春くらいまでにはそういうコミュニティが出来たらいいと思うんですよね。」

 

さいごに

今日も 惹句工房 代表 宇部 和真 から、名言が出たのでご紹介しますヽ(^o^)丿

シゴトも起業も、ある意味科学なんですよ。
正しいものを正しい量でやる。
うまくいく人っていうのは、うまくいくようになってる。
10の答えを出すのに、5+2とかやっちゃう人がいる。
それだと正しいゴールに行けないですよね?

答えが10なら、10にするためのタスクを行わないと。
それを知らずにやるから、失敗してしまう。

どんなにスキルがあっても、能力が高くても、変化できる人にはかなわない。

「5年前の缶コーヒーが同じ味、デザインで今、売れていますか?」

ヽ(^o^)丿

ブログのご相談だったものが、来年の具体的なビジョンまで決まるという90分。

シゴトの種が見つかるってこういうことですね!

年内ラスト募集中!

みんなの起業準備室は年内受付分、只今受付中です^^
詳細は、こちらをクリック