【 相談事例 】ウォーキング講師の起業、依頼件数アップの秘訣とは

今日は、宇部和真の元に
ウォーキング講師のHさんがいらっしゃいました。

ウォーキング講師必見!本日のお悩み公開!

まず、Hさんのお悩みは、

頭の中にある想いを、
なかなか言語化できていなかった模様。

現在行っている
ウォーキング講師のプログラムは
主に、女性や男性社長に向けた
メニューになっています。

相談前のHさんが持っていた「メリット」は?

Hさんがお持ちのウェブサイトの
メリットは、

正しい歩き方を身に付けることで
姿勢が改善される

を、前面に出していました。

はい、お気づきかと思いますが、
キャッチコピーはなかった・・です^^;

宇部和真がアツマルシカケを作るとこうなった!

色々ヒアリングして解った事は、
姿勢の改善は、立派な社会貢献に繋がると言う事。

歩き方を変えるだけで
子供への教育を変えることができるということ。

とはつまり、
それだけ大きなビジネスモデルを
創ることができ、

今持っている単発の商品だけでなく、
様々な人たちのお役に立てる
商品づくりができると言うこと。
(= 継続的な収入に繋がるモデル)

ここには公開できませんが、
今日は、商品名のキャッチコピーも
ご提供させていただきました!

ウォーキング講師Hさんの、お客様の声をいただきました!

実際に、キャッチコピーを作る前は
どんなところに詰まっていましたか?

1番は、社会性と言うところを
「なんとなく」でしか
考えられていなかったけれど、

私が伝えたい想いは
社会性の部分でした。

自分自身で
それがなかなか言語化できなくて
モヤモヤしていました。
どちらかと言うと、
見た目をかわいい感じにして
女性に刺さるような
表現にした方がいいのかな?とか、

男性に向けて、
また違う表現にしたほうがいいのかな?とか、
お客様に合わせて
表現を変える方法に迷っていました・・!

実際にアツマルシカケを作ってみてどうでしたか?

モヤモヤしていた部分を明確にしてもらいました!

今日、宇部さんに作成していただいた
キャッチコピーは、どの方にも刺さるような表現で、
かつ抽象的ではなく

しっかり的を得たものになりました。

私が伝えたかったことを
一言でまとめてくださいました!!

Hさん、ありがとうございます^^

 

追伸・・・

せっかくなので、
姿勢を正してもらう
代表の宇部和真。

顔が謎に硬直しています笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。