2017/03/27

資格?オリジナル?どっちで起業した方がいい?【起業のイロハ】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
こんばんは。宇部和真です。GUAM2日目。
 
昨日のメルマガでも書いたように、私は基本、旅行に必要なドウグはすべて現地調達。
なので、予定など入れず、ほとんどホテルから出ることはしません。
 
さて、今回のテーマは、
 
「資格?オリジナル?どっちで起業した方がいい?」についてです。
 
 
昨年、私とあなたとマンツーマンで行う「みんなの起業準備室」相談会で一番多かったのが、1年以上起業準備しているものの、今の会社員のお給料を超えることができない。
 
だから、「本当にやりたいことでビジネスを1本化したい!」という方が多かったことを記録しています。その中で、ビジネスは大きく分けて2つあることをお話しさせていただきました。
 
 
1つ目は、今目の前にある他人が作ったアイデアで起業する。
→ 資格を活かしたいという場合を指します。
 
2つ目は、自分の経験や記憶をゼロから商品・サービス化させ、
オリジナルビジネスを構築し、自分にしかできないことで起業する。
 
言うなれば、1→100なのか?
0→100なのか?といった話になります。
 
 
「好きなことで起業しよう!」という風潮もありますが、
今の時代、起業は準備さえ整っている人は1年かからず可能だと思います。
 
インターネットの普及によって、広告費をかけなくても、SNSやブログを使って、自分を必要としてくれる人にいくらでも出逢うことができるようになりました。
 
 
起業し易い時代だからこそ、
1、を選んだ人には、辛い現実が待っています。
 
それは、
 
「 今目の前にある他人が作ったアイデアで起業する 」
 
ということは、
 
他の誰かも同じことを考えている。つまり、ライバルはそこら中に存在しているという事実です。
 
 
本当はどうなりたいのでしょうか?
他に方法はないでしょうか?
 
・・・回答は2
 
自分の経験や記憶をゼロから商品・サービス化させ、
オリジナルビジネスを構築し、自分にしかできないことで起業する。
 
です。
 
 
そう、自分の経験や、記憶は一番価値が高く、誰にも真似できないビジネスモデルになる可能性が高い。


たとえば、

あなたが過去に一番辛かったことをどう乗り越えたのか?

今、過去の自分と同じ状況にいて辛く、もがき、悩んでいる人を助けてあげられる方法や、
 
難しいことを簡単にして、人にわかり易く教えてあげることができるスキルや、
 
何か専門的な小難しい技術を、代わりにやってあげる。
 
 
 
こういった発想から生まれるのが、
自分の経験や記憶をゼロから商品・サービス化させ、
オリジナルビジネスを構築し、自分にしかできないことで起業する。
 
つまり、あなた自身を売れる商品・サービスに書き換えていく。ということです。
 
 
 
「 今目の前にある他人が作ったアイデアで起業する 」
 
これが多くの起業準備者が、遠回りをしている理由だったりします。
 
他の誰かが過去に作ったアイデアは、時代と共に衰退していきます。
しかも今の時代、ニーズが多様化し、人々が求めるニーズの変化が早くなっています。
 
 
大事なことは、
 
あなた自身を売れる商品・サービスに書き換え、
時代の変化と共にあなた自身も柔軟に変化させていくことで、
 
生き残れる真の起業家になる。
 
 
だと、私は考えます。
 
あなたはどっち??
 
 
宇部和真
 
 

まとめ

 
起業を志して1年以上経過しているということは、
自分自身の改善ポイントを見極め、1、ばかりに目がいっていないか?を確認し、
独自の価値を創造してみるといいかもしれません。
 
 
【 P.S. 】
 
もし、あなたが起業1年未満で何かしらの起業準備はしているものの、今何から手をつけていいのかわからない方は以下に記載している勉強会にご参加ください!
 
===============
 
 
===============
 
 
===============
 
 
※勉強会の日程が合わない方も、
こちらから個別の勉強会がお申し込み可能です。
===============
 
「だからうまくいかなかったんだ!」「これならできそうだ!」といった感動を与えることをお約束いたします。
 
それでは、お話しできることを心からお待ちしております。
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2017 All Rights Reserved.