あなたに質問です。
人生やビジネスの中で「やろうと思ったのにやらなかったこと」
「やると決めたのにやらなかったこと」ってありませんか?

”やれなかった原因”はなんだったでしょうか?

その原因はおそらく、

めんどくさいから。とか、やりたいことではなかったから。
だったのではないでしょうか?

このような意思決定でいると、
何をしてもいつもこの思考回路でグルグルとします。

まず第一に、「めんどくさいこと」はどんなことでも大切です。

ビジネスに魔法はない。

何か物事を達成しようと思ったら、
とにかく最初はめんどくさいことの方が多い。

やりたいことがあってもそれをやれるようになるには、
避けて通れない道は必ず存在しています。

想像してみてください。

あなたが山登りをしようと思ったら、
山の麓から一歩一歩山の頂上を目指して
歩き始めないといけない。

誰がなんと言おうと、
山の頂上の景色を観ることができるのは

山を登った人だけ

だということです。

次に「やりたいことではなかったから」という原因があります。

だけど、「やりたいことではなかった」と言えるのは
それをやりきった人にしか言えない

言葉なんですよ。

「それは難しい」とか「できない」って、・・・

やりきった人だから言えることなのであって、
やりきれていない段階で

デキナイ理由を口にしてしまう人は、
意思決定が問題というよりも

考え方とか習慣の癖が問題。

「それは、どうすればできるのか?」

「それは、どうすればできるようになるのか?」

ってことを無意識領域にでも
反射的に考えられるようにならないと。

とはいえ、これは自分自身にも言えることでもあり、
他人に関しても言えることだと思っています。

特に僕は今年に入ってから3つほどの事業を立ち上げているので、
常にメンバーからの報告を受ける立場にあります。

僕と同じように
何かのリーダーをされている人って、
みんなそうだと思いますが、

誰かからの「デキナイ」「やりたくない」を、
鵜呑みにするのはちょっと違いますよね。

できない理由なんて、
初めからいくつも存在しているんだし

はじまってから、「やっぱできないよね」って
デキナイ理由を並べるのは、

小学生でもできること。

リーダーがそれを受け入れたら、な〜んにも前に進まないんだし。

スポーツでもなんでも、
偉業を成し遂げて来た人たちはみんな
言わずと知れて「人がデキナイということをやって来た人」ですし(^_-)

人生やビジネスは
全て自分が選択して来た道だから。

誰に言われたわけでもなく、全て自分が選んで来た道だから。

今在る現実は、
過去のあなたによるあなたの行った選択の結果。

これからの未来は、
今この瞬間から始まる、
あなた自身が行う選択の結果で決まる(^0_0^)

僕はそう思っています。

今のあなたは「デキナイ理由」を見つけることに
時間を費やしていませんか?

ぶっ飛んだ夢も、達成すべき目標も
自分自身の行動で掴み取っていくことでしか得られない。

なら、

今この瞬間から始まる次の行動次第で
未来はいくらでも”ツクレル”ってことですよね?

何かの行動を変えるキッカケになれば幸いです!

<お知らせ>

ビジネス経験ゼロの人たちが続々と起業家となった
宇部和真による個別セッションを解禁します。

雇われない生き方で夢を叶えたい人専用
緊急対策ホットライン >> 詳細はこちら