この記事では、今のあなたに売るモノがなくても、今すぐプロモーターとして起業する方法を解説します。

「プロモーター」

初めてこの言葉を聞いた人も多いかもしれませんが、このプロモーターとして起業する人たちがいます。
会社員でも副業で会社の給料を超えてしまう方もいるほどの立派な職業のこと。

■プロモーターとは何か?

プロモーターは、販売する商品やサービスを持っていなくても、特別なスキルがなくても
専門家と組んでビジネスをスタートして起業できる職業です。

初めの資金がなくても、アイデアと人脈があれば誰にでも始めることができるビジネスモデルです。

ほとんどの方が知っているあのAKB48の生みの親である、秋元康氏や
モーニング娘。の生みの親で有名なつんく氏など

このような方が一体どのようにヒット商品を生み出しているのかというのは
世の中ではほとんど知っている人はいません。

プロモーターの主な仕事は、人助けです。

常に自分の周りのお困りごとを探して、それを解決できる人や講師を呼んで
商品と見込み客をマッチングさせることでお役立ち料(報酬)を得られます。

■プロモーターとして起業するパターン

プロモーターとして起業する場合には、大きく分けて2つのパターンがあります。

 1、お困りごとを解決するためのプラットフォームを作る

これはいわゆる、セミナーや勉強会などの主催者になるというパターンです。

イメージとしては、人や社会のお困りごとを探して
それを解決できる商品や専門知識を持っている人を呼んで、場を作る立ち場です。

婚活ブーム=街コン主催

最もわかりやすいのは、街コンの主催者的なイメージです。

男女ともに結婚願望のある方々を集め、飲み会やイベントを企画して主催する。
お困りごとを解決できる場であれば、あなたのアイデアでそれを企画して主催するだけです。

2、商品とプラットフォームを持っている人たちをコラボさせる

2つ目は、素晴らしい商品を持っている人と、多くの人脈を持っている方をマッチングする役割です。

素晴らしい商品を持っているけどまだまだ知られていない人に
たくさんの人脈を持っている人を紹介して、商品を知ってもらう場を用意するプロモーター。

商品を知ってもらうための場を作って、人脈のある人には集客を手伝ってもらい
販売できた売上から成約料として売上を分配するという仕組みです。

■プロモーターの定義を決めれば、起業できる

プロモーターは名刺1枚あればすぐに仕事をスタートすることができます。

その際に、あなた自身がどんな場を作りたいのかを考え、それを肩書きにして名刺に載せます。

たとえば、知人にダイエットコンサルタントがいるのであれば、
「食事を変えて痩せたい人のためのプロモーター」という肩書きを名刺に載せて
痩せたいと悩む人たちがいる場所で名刺を配っていきます。

ダイエットコンサルタントの方に「勉強会をやってほしい」ということを伝えておけば
人が集まった時点で勉強会を主催できるようになります。

■プロモーターは売るモノがなくてもはじめられる

プロモーターは基本的には他人の商品を使って起業します。

あの有名な起業家も、起業当初は他人の商品を販売していた、というのも事実です。

商品を持っている人とそれを広げるプロモーター

この2つの役割が明確になれば、名刺1枚ですぐに仕事を始められます。

■プロモーターという生き方〜まとめ

いかがでしたか?

僕も起業当初は他人の商品を使って起業しました。

自分が好きになれる分野である必要がありますが、起業当初に頭を悩ませる商品づくりをせずに
初めから他人の商品を使って多くの人との人脈を構築して、起業準備を進めることができれば
起業成功率を大きく上げることが可能です。

起業したいけど、どうしたらいいのかがわからない方は
是非この記事を参考にするか、

以下のメールマガジンにご登録して引き続き、僕からのメッセージを受け取ってください。