「既視感を感じさせたら、アウト!」です。

こんばんは。
惹句工房の宇部和真です。

[[[ 今日から今から使える惹句式ビジネス向上ヒント ]]]

■ 『 違う!違う!そうじゃ、そうじゃない 』

本日のメールマガジンでは、

「宇部式 惹句式 売れるネーミングが
持っている4つのポイント」

についてお話ししたいと思います。

まずは、「既視感を感じさせたら、アウト!」です。

要は、デジャブ感です。

実際は一度も見たことがないのに、
すでにどこかで見たように感じること・・・

みたいな意味です。

このデジャブ。実は
キャッチコピーなどのネーミングには

アウトなんです。

今、世の中を見渡せば、
1つのジャンルの中でも違いがわからない。

「似たような商品・サービス」が
ウヨウヨありますよね?

だからこそ、
違いがわからない商品の中から、

名前を見ただけで「これ、違う!」と、
感じることができる”名前”が必要なんですよ。

それが今回お伝えしたい
既視感のない”ネーミング”です。

では、

どのようなことに気をつけて
ネーミングを決めたら良いのか、

こっそりお伝えします。

・・・続きは、

メールマガジンで配信中【登録は10秒で完了】

>> 登録はこちら