すでに存在している、知られている商品やサービスを手に取ってもらうには?

例えば、1個500円のリンゴ。

このリンゴを、
「青森直送!期間限定!」
と、紹介するのか?

それとも、
「青森の農家さんが厳選した、1個で他のリンゴ3個分のビタミンが摂れるリンゴ」

と紹介するのか?
あなたは、どちらのリンゴを食べてみたいですか?
街で見つけた「買わせるキャッチコピー」とは?
先日、歩いていたら、 売れるコトバに変える専門家の 宇部和真 が、すかさず「あ!これは買わせるキャッチコピーですね!」
と、目を止めた広告がこちら。

誰でもキャッチコピーの大切さがわかるシーンはどこ?

街で見かける広告はもちろん、広告を出すにも費用がかかりますよね。
けれど、誰でも、すぐにキャッチコピーを披露できるシーンがあります。

ズバリ、名刺交換のタイミングです!

名刺交換は、初対面の方と挨拶の一環として行いますが、1番会話が生まれやすいタイミングでもあります。

会話が生まれる仕掛けをいくつか用意しておけば、その瞬間が、あなたの商品やサービスへのお申し込みの瞬間に変わるからです!

名刺交換のタイミングで仕事が取れる人・取れない人の違いとは?

違いはシンプルです。

キャッチコピーがあるかないか?

これだけです(^_-)

自分だけのキャッチコピー、持っていますか?