個人ビジネスの限界をお知らせします

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

他の人には真似できない企画創造を活かした
ビジネスモデルをペン1本で作る専門

惹句工房の宇部です。

さて、

ここ最近、
また色々と思うことがありましたので
メールを書いています。

結論から言えば、

個人ブランディングの時代は
終わったということ。

どういうことか?
というと、

これまでに個人事業主
会社経営者含めて、

1000人ほどの
個別面談を行ってきました。

そのほとんどが、一人ビジネス。

統計的に、

一人ビジネスをされている方は
とにかく忙しいです。

忙しいから事業を大きくするための
マーケティングや仕組みづくりができません。

外注資金もない。
相談できる人もいない。

全ての仕事に自分が組み込まれている。

「代わりの効かないビジネス」

この状況を打破しない限りは
今の現状を変えることはできないんです。

すでに、多くの人が努力をしています。

自分の事業を成功させようと
朝から晩まで働きます。

起業したのに、帰りは会社員よりも遅い。

売上もアップしていないので
自分の時給は数百円の可能性が高い。

こうなってしまう
一番の原因は、

ビジネスモデルにあると思っています。

つまり、ビジネスの構造が
働き尽くさなければいけないように
なっているんです。

そうなると夢や希望はどんどん失われていきます。

ヒマで潰れる会社はないのです。
どこも120%の労働をしながら潰れていく。

今後、このメールマガジンでは
瀕死の状態から復活する

事業ヒントを
テーマに配信します。

できるだけ頭を使わず、
体力を消耗することなく、、

今すぐ事業の穴に対処できるヒントを
お届けしたいと思っています。

だから、このメールを見逃さないでください。
瀕死状態のこの国を、一緒に元気にしていきましょう。

またメールします。


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2018 All Rights Reserved.