2017/03/21

宇部和真 による ビジネスモデル企画塾 勉強会レポート| 人生の差 を埋める2つの指針 とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

どうもです。惹句クリエイターの宇部和真です。

先日、私が主宰しているビジネスモデル企画塾の会員限定勉強会を開催しました。
ビジネスモデル企画塾とは、個性をゼロから商品化する起業支援コミュニティーです。


そこで感じたことは、今、目の前の壁を壊す、あるいは、乗り越えるにはどうすればいいのか?という潜在的質問。

起業の走りはじめは、自分の知らないこと、わからないことを知ることが第一関門なわけですが、
そんな第一関門を突破する為には2つの方法があります。

この2つの方法を知っておくと、大体のことは自ら解決できるようになります。

1、自分のできていないことを認め受け入れ、今足りていないことを学ぶ
2、学び、学習したことを先人に答え合わせをする

聞けば当たり前ですよね??(^_-)

 

成功する為に、特別なことをやる必要はないんです。
成功するには、当たり前のことを当たり前に”やる”ことが大事なんです。

 

「どんなにすごい人でも与えられている時間はあなたと同じ、1日24時間」

 

この平等な時間内にどれだけ知らないことを知る努力をしたのか?
この平等な時間内にどれだけ学び、学習したことを答え合わせしたのか?

これが人生の差になっていくのではないかと思います。

 

私を含め、多くの人が天才ではありません。
というより、天才は努力家なだけであって、すべての人が凡人出身だということ(^_^;)

クライアントさんとお話ししていると不思議なぐらい、
私が起業した4年半前と同じ「壁」を感じている人が多いです。

・夢を明確に答えられない
・やったほうがいいとわかっていてもやらない
・常に現状に戻されてしまう感がある
・自分一人でなんとかしなきゃいけないと思ってしまう
・モチベーションが持続しない

etc etc 

そんな誰にでもあるようなことを当時の私も経験しています。
だから焦る必要はありません。私も一緒だったんで(^_^;)

そんな時こそ、

1、自分のできていないことを認め受け入れ、今足りていないことを学ぶ
2、学び、学習したことを先人に答え合わせをする

何より、「健全に開き直れるかどうか?」

 

無意識の行動が人の運命を造り、
意識的な行動が人の未来を造るんです。
目の前の「現実」は、
あなたの「今」の「気持ち」によってできています。

だからこそ、

できるからやる。のではなく、
やるからできる!!ということ、忘れないでください。

夢をカタチに(^_-)

P.S.

読むだけで起業の「?」が解決するメルマガ配信しています。
宇部和真公式|無料メールマガジンに登録する

 


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2016 All Rights Reserved.