失敗する 起業家 がやってしまう オファー とは

どうもです。
惹句クリエイターの宇部和真です。
 
 
よくありがちなのは、
出逢っていきなり、、
 
「自分はこんなことができます。経験もあります。
 だから、この商品はあなたにオススメです!」
 
と、いきなり告ってしまうこと!
 
 
 
|オファーを間違えると失敗する
 
要は、あなたができることを
オファーするのではなく、
 
相手が「知りたい」「聞きたい」ことを聞き出し
その内容に沿ってオファーを出しているかどうか??
 
この違いが重要です。
 
 
たとえば、、
 
行列のできる味噌ラーメン屋さんを紹介しようとしても、
味噌好きには刺さるが、とんこつ派には
このようなオファーは刺さらない。
 
 
たとえば、、、
 
好きな人をデートに誘うとして、
自分が好きなレストランをチョイスしたら、
当日、お相手が苦手な料理ジャンルだったことに気づく。。。
 
 
だから、お客様はいつでも、
あなたができることに興味はありません!
 
「お客様は、自分が興味のある分野に対して
 あなたは何をしてくれるのか?」に興味があるんです!
 
 
だから、お客様のリクエストありきで
オファーするべきです。
 
宇部和真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。