失敗者 とは |失敗者は 失敗の数 でさえ 成功者 を上回ることはない


朝メールを開けてみると、クライアントさんから1通のメールが届いていました。いつも通りそのメールを開くとそこには、「不安です」というメッセージが。そのクライアントさんはというと、
 
今月、はじめて自分主催の「料理教室」を開催する方でした。独立したい!と強く願い、新しいことを始め、新しい自分に変わるための門を叩いてきた24歳の女性です。そんな彼女は、私と戦略を組んだあとに告知を開始し、なんと、
 
1週間経たずして開催日程の料理教室がすべて満席になっていました。
 
 
・・・いっけん、うまくいっているように思えますが、問題はここから。
 
 
「さあ、どうやって料理教室に来てくれる人を喜ばせられるだろうか?」
 
こんなことを誰もが思うわけです。
 
 
当日はどんな順番で、どんなメニューで、どんな体験をしてもらおう?・・・
 
 
人は新しいことにチャレンジすると、楽しみと同時に不安が隣合わせになります。そりゃあそうです。人は未知のことに恐怖を感じる生き物ですから。私がいつも言っていることではありますが、「ビジネスには正解はない」ということ。
 
その正解を作っていくことがあなたの仕事になるわけであって、その過程で失敗しないなんてことはあり得ないわけで。
 
 
何かを始める時、誰もが初めから正解を求めますが、多くの場合、新しくはじめたことを100%成功させる方法なんてものは、、そもそも存在しません!!!(断言)だから、ぜひ、ポジティブにやってみましょう!!ということ^^;
 
 
 

経験の上にしかオリジナリティーは生まれない。

 
 
なるべき自分になっていく人は必ず、多くの失敗体験があります。
 
「失敗者は失敗の数でさえ成功者を上回ることはない。」そんな言葉もあるぐらいです。
 
当たり前の話ですが、あなたが目指す分野の先を行っている成功者が実際にそうなるまでに、毎日素振りを1000回やっていたとしたら、今から何かを始めるあなたは、毎日その上をいく10000回ほどの素振りをしない限り、うまく行く保証なんてないわけです。
 
 
そもそも失敗とは、チャレンジした人にしか語れない。
だから、チャレンジしていない人は、失敗すらもしていないということです。
 
 
何かを成し遂げたいという目的が明確にあって、
そのための段取りが組まれていて、それを実現するための方法論もバッチリなら、
 
あとはシンプルに考え、シンプルに動くだけ!!
 
 
大丈夫。今思っている不安なんて1年後には確実に笑い飛ばせていますから。
 
 
 

ちなみに、今日クライアントさんに送ったメールの一部はこちら!

 
 
不安(ふあん)という字を1文字変えると、Fun(楽しみ)に変わります。
本当の”楽しみ”というのは、”不安”のその先にしかないということです。
 
 
どんどんチャレンジしましょう!!!
どんどん失敗しましょう!!!
 
 
    死ぬこと以外、かすり傷なんですから(^_-)
 
 
宇部 和真
【 DMM.com パートナー就任企画 】100円キャンペーン
  • お問い合わせ・お申し込みに毎月バラつきがある
  • お問い合わせが全く来ない
  • 商品の値段を下げても、お申し込みに繋がらない
  • 商品改良の「いいアイディア」が思いつかない
  • ブログやSNSで告知しているが、購入まで繋がらない

【注】予算をかけずに口説きたい人がいる方だけ見てください
↓↓下の画像をクリックしてみてね↓↓

関連記事

人生の目的とは | 人生 の 目的 意識を持つ2つの質問

起業生存率とは 10年後に生存する率と10年後に廃業する率

【動画】ゴールデンサークル とは |サイモンシネック

起業家生存率が低下する理由を考えてみた

結果を受け止め、素早く学習すれば、夢は叶う

逆転の 質問術 |正しい 目標 を 設定 する 方法 とは