2017/03/21

文章 を シンプル に まとめる 方法 とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
私が思う残酷な文章とは、何を伝えたいのかがまとまっていない文章です。
 
伝えたいことがありすぎて、文章に一貫性がない。
そうなったら最後、人はあなたの文章を読みたいと思わなくなる。
 
だからこそ、文章には「まとめる力」が必要であり、
誰が見てもわかるように最重要なことだけを伝える必要があります。
 
 
では、どうやって伝えるのか?
 
 

1センテンス、1メッセージで伝えよ!!

 
それさえ意識できれば、OK。
 
これは、どういうことかというと、
1つの文章には1つのメッセージまでにしておくということ。
 
その中で、どうしても幾つか伝えたいことがあるなら、
小見出しを使って、その下に箇条書きにして記載していくだけ。
 
 

こんな感じで、、、

 
・文章はラブレターであれ
・自分が書きたいことではなく、相手が知りたいことを書け
・見て良し!読んで良し!言って良し!のセルフチェックに手を抜くな
 
 
みたいな感じで、長い文章であったとしても、
タイトルにあることをわかりやすく箇条書きにしてまとめていくと、
 
見た人読んだ人に対しては、この文章で「何を伝えたいのか」が伝わるようになります。
 
 
 
あなたの文章を読まれる文章に変えたいなら…
是非、覚えておいてください。

 

P.S.


文章力とコピーライティングの違いを知りたい方はこちら・・・

 

 

宇部 和真

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2016 All Rights Reserved.