女性が報われるシゴトを手に入れるには?努力する前に問うべき4つの質問

こんばんは。
 
地上の星がどこにあるのか、探しています。
惹句工房の宇部和真です。
 
 
『 失敗 』
 
方法や目的を誤って
良い結果が得られなかったこと。
 
という意味がありますが、
あまり良い響きで解釈されていませんね。
 
 
だから、失敗を恐れるあまりに
目の前のチャンスをミスミス逃してしまう人
 
結構、多いと思うんです。
 
 
けど、
 
失敗を多く体験体感してきた人の方が、
覚悟レベルの決断ができる人であることが多い
 
と感じます。
 
 
失敗
 
を体験した人は、
正しい道を知ることができます。
 
進むべき道
 
が手に取るように分かるようになります。
 
 
 

資格取得の罠・・・

 
今日のご相談者は、
 
モデル業を10年経験されてきた
ウォーキングインストラクターの方でした。
 
 
相談が終わる頃に
私がよく言われること、
 
「宇部さんに1年前に出逢っていたかったです」
 
・・・内心、ぶっちゃけ嬉しい。。。^^;
 
 
こういった、
 
喜ばしい声をいただける方は
確実に以下の条件に当てはまっています。
 
○ 他にはない、経験則をお持ちの方
○ 長いこと何かの分野に没頭されてきた方
 
で、
 
一度、うまくいっていたけど
継続的な事業への発展に至らなかった。
 
 
ご相談者の問題は
 
モデル業を10年やってきたけど、
仕事が減ってきて、新しい資格を取ったものの
 
「 報われるシゴト 」
 
を手にできていない。ことでした。
 
 
そう。うまくいっていないと感じると
人は、何か新しいモノやコトを
取り入れたくなるモノです。
 
 
ですが、
 
私が考えるのは、
 
その人が今までに
どんな失敗(経験)を積み、
 
失敗という糧を再度、
永続的な物語に進化させていくか?
 
 
「 人の数だけ、企画が生まれる 」
 
 
今、資格取得の目的を
多くの人が ”カンチガイ” しています。
 
資格を取れば、成功できる。
資格を取れば、報われるシゴトができる。
資格を取れば、安心。
 
 
ほんとに!?^^;
 
 
資格は世の中を豊かにするために
実生活や実社会に自ら活用するためのモノです。
 
が、イキナリ、
資格をシゴトにできるのか?
 
と聞かれたら、やはり、
 
自分のこれまでの経験則を織り交ぜながら
オリジナルなモノに変えて行かなければ、難しい。
 
と私は思います。
 
 
日本初?
日本一?
世界初?
世界一?
 
 
これが報われるシゴトを
最短で作るためのエッセンスです(^_-)
 
 
 

報われるシゴトを手に入れたい人に贈る4つの質問

 
○ あなたは、
人や社会から必要とされていますか?
 
○ あなたのシゴトは、
経済的に報われていますか?
 
 
○ 明日、今やっている
シゴトがなくなったらどうする?
 
○ 明日、今やっている
すべてのシゴトがなくなったらどうする?
 
 
あなたは、この問いに答えられますか?
 
 
惹句工房 代表 宇部 和真

▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。