2017/03/21

セールスレター を セルフチェック する最も シンプル な 方法 とは

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

普通の人がセールスレターを書く時代になった。
 
 
Facebookで言えば集客用の原稿的なものですが、
多くの場合、何をどの順番で述べるか?という基礎中の基礎を学んでいないか、

ほんの少し、コピーライティングという魔法をかじった人が多いと思われます。
 
だって、そんなこと教えてくれるところまだまだ少ないですからね。
 
 
そこで今回は、私が、実際に、
クライアントさんのページを見る時に使っている視点をシェアしたいと思います。
 
このことを改善するだけで、結構、反応が変わります。

 

それは何かというと、、、


「それ、どっかで聞いたことあるよ?」

 
という売り出し方のチェックです。
 
もし、セールスレターの出だしから面白みがなく、
この結末、なんだかこないだ見たのと、一緒で…なんて思われたらアウト。
 
 

だから、文章はエンターテインメント性を出すことが大事。

 
 
たとえば、、、
 
・誰でも簡単にできる料理レシピを使って、旬の食材を使った料理教室を開催します!
 
・どんな家にも必ずある調味料を使って、
 春の香りを取り入れた勝手に3つ星レストラン開催します!
 
どっちが行きたいですか??どっちに食べに行きたいですか??
 
 
レターを書いたら必ず、エンターテインメント性があるかどうか?
見て読んで確かめる。さらに知人にも読んでもらって参加したいと思うか聞いてみる。
 
そんなセルフチェックをオススメします。
 
面白みがないところを見つけたら、そこが改善ポイント。
 

P.S.
 
「それ、どっかで聞いたことあるよ?」
 
と言われる残念なセールスレターから卒業したい方は、こちらがオススメ。
   
宇部 和真

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2016 All Rights Reserved.