2017/03/21

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の仕組みと仕掛けとは

 

宇部和真【社外企画部】公式LINE@はじめました。

いま、登録をしていただければ、
特別なプレゼントをご用意しています。
LINE@公式アカウント登録については
こちらをクリック

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
どうもです。惹句クリエイターの宇部和真です。
 
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を学んで、ビジネスに取り入れたいと思っていませんか?がんばって書いたセールスレターや、メルマガの「反応をあげたい!」そんなあなたにはとっておきの手法です。
 
ダイレクトレスポンスマーケティングって難しそう・・・と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。今回の記事では、「 ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の仕組みと仕掛けとは 」を解説していきたいと思います。
 
この手法を使えば、安定的な収益を上げ続けることができるようになりますのでぜひご活用ください!
 
 
 
ダイレクトレスポンスマーケティングとは
 

 
わかりやすく言うと、「あなたのやっていることに興味関心がある見込み客を集めて、商品を販売する方法のことです。」
 
何故、ダイレクトレスポンスマーケティングを学ぶ必要があるのか?と言われたら、この手法は、元々あなたのやっていることに興味関心がある人に販売することができるので、成約率も高く、安定的に収益を伸ばしていける集客の仕組みを作ることができるWebマーケティング最強の手法なのです。

 
 

2|ダイレクトレスポンスマーケティングを成功させる3つの手順

 
ダイレクトレスポンスマーケティングには、大きく分けて3つの手順があります。
 
見込み客を集める
見込み客を育成〜教育する
オファーを出す
 
 
それでは、3つの手順をひとつひとつ解説していきます。
 
 

2 – 1|見込み客を集める

 
ダイレクトレスポンスマーケティングの1つ目の手順は、「見込み客を集めること」です。
 
ここでいう見込み客とは、主にデータ=「メールマガジン」「住所」「電話番号」といった見込み客リストになります。
 
 
見込み客を集めるためには、無料冊子などを配布しながらメールマガジンに登録してもらったり、無料のセミナーなどに招待しながら「お申し込み時のフォーム」やセミナー終了後の「アンケート用紙」にて、住所・電話番号を記載いただきます。
 
できる限り、見込み客リストを獲得するために「無料で高クオリティー」を提供していくことがポイントです。
 
 
ここでの目的は、見込み客リストの獲得なので、無料であっても情報の出し惜しみはせず、むしろ感動してもらえるぐらいのクオリティーを提供しておくとその後の信頼関係もできやすくなってきます。
 
ここまでがダイレクトレスポンスマーケティング最初の基本となります。
 
 

2 – 2|見込み客を育成〜教育する

 
ダイレクトレスポンスマーケティングで一番の肝となる、「見込み客を育成〜教育する」メールマガジンの段階です。つまり、あなたとの信頼関係を築いていくための1対1のメールコミュニケーションを行っていきます。
 
ここで見込み客との信頼関係を構築できないうちに商品を販売しようとしても、当たり前ですが、出逢ったばかりのあなたから何かを買おうとは思ってはくれません。
 
 
ビジネスと恋愛は一緒だと言われますが、
 
要は「いきなり告るな!」ということです。
 
 
とはいっても、どうやって信頼関係を築いていけばいいのか?ここがとても大事なポイントになってくるのですが、ダイレクトレスポンスマーケティングで信頼関係を築く方法はとってもシンプルです。
 
 
「自分がしてもらって嬉しいことを、先に与える」
 
 
たとえば、あなたがブログマーケティングに関するセミナーや無料冊子を使って、見込み客リストを獲得していたとします。その際の見込み客リストの属性は「ブログマーケティングに困っている人」ですよね?
 
なので、「ブログのアクセス数を3ヶ月で1万PVにするブログライティングのコツ」という内容でメールマガジンを流して、実践してみた結果、「本当にPVが上がった!」「この人の言っていることは本物だ!」と思ってもらえることができ、徐々に見込み客と信頼関係を築いていくことができます。
 
 
相手にとってどんな情報を与えてあげたら良いのか?常にこのことだけを考えて、与える精神で与えていきましょう!
 
 

2 – 3|オファーを出す

 
見込み客を集める
見込み客を育成〜教育する
 
ここまできたら、育成〜教育をした信頼構築ができている見込み客リストに対してオファーを出し、購入へと結びつけていきます。オファーを具体的にまとめると、セールスレター(正式な販売ページ)を用意しておくことが基本です。
 

 
セールスレターの内容に最低限入れるべき項目
 
「商品のキャッチコピー」
「何故、この商品を販売しているのか?ストーリー」
「この商品を使うとどうなれるのか?」
「他社(他者)とは違う明確で強力な理由は何か?」
「この商品を体験したお客様からの声や事例・推薦分」
 

 
 
何より、断り切れない「独自の価値の売り文句」を作れるかどうかにかかってくる段階ですので、セールスレター(販売ページ)を書き終えたら、知人や友人に必ずフィードバックをもらい、改善していくことをオススメします。
 
 

3|まとめ

 
いかがでしたか??ダイレクトレスポンスマーケティングの仕組みと仕掛けは、シンプルな3つの手順を繰り返していくことで誰にでもできる収益アップの秘訣です。この機会にぜひ、取り組んでみていただければと思います!
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。