誰でも高売れキャッチコピーを作れるプロ顔負けのリサーチテクニック

どうもです。惹句クリエイターの宇部和真です。
 
「 誰でも高売れキャッチコピーは作れる 」
 
魅力的なキャッチコピーがあれば何度でもビジネスを成長させることができます。
 
なぜなら、キャッチコピーはどんなマーケティングにも必要であり、絶対に無くてはならないその全てに必要な存在だからです。
 
さらにあなたのビジネスにキャッチコピーがあることによって、お客様から思い出してもらえる存在になり、オンリーワンのポジションを築くことができます。
 
 
こうした言葉の重要性を理解した途端、ビジネスが上手くいくこともありますので、今回は、私自身も幾度となく使っている「 誰でも高売れキャッチコピーを作れるプロ顔負けのリサーチテクニック 」を解説していきます。
 
 
今回は、タイトルにある通り、プロ顔負けの高売れキャッチコピーが誰でも書けるようになることをお約束します。
 
 
 
高売れキャッチコピーを作成するにあたって最も重要な質問は、以下。
 
 
「 今すぐあなたの商品を必要としている人は誰か? 」
 
 
たとえば、あなたがダイエットプログラムを取り扱っているとしたら、今すぐあなたの商品を必要としている人は、「今すぐ痩せたい人」ということになります。その「今すぐ痩せたい人」は、どのぐらいの期間・回数・費用・手間で痩せたいと思っているのか?ということも絞り込んでいく必要があります。
 
 

 
ターゲット → 今すぐ痩せたい人
期間 → 1ヶ月
回数 → 痩せるのなら何度でも
費用 → できるだけ費用を抑えたい
手間 → 1日1時間程度、空いた時間で可能なもの

 
 
ということになります。
 
 

1 – 1|ターゲットの欲求を3つだけ考える

 
先ほどの、ターゲットの特徴を洗い出せたら、書き出した特徴から、ターゲットの欲求を表す3つの単語を抜き出します。
 
 
例:

痩せたい、ダイエット、減量

 
 

2|ターゲットに刺さるコンセプトキーワードを調べる方法

 
ターゲットの欲求を表す3つの単語を抜き出せたら次に、コンセプトキーワードを調べていきます。
 

検索サイトは → Amazon.jp

14680517_1844392685795674_4782966421022480403_n

 
トップページを開き、検索窓に先ほど抜き出した、3つの単語の中から2つ以上を組み合わせて検索します。この時、検索のカテゴリを「本」に設定してから検索をします。
 
 

 
「減量」 で、検索!

 
 
 

検索結果が現れたら、カスタマーレビューを4以上に設定し、もう一度検索をかけて絞り込んでいきます。

14705736_1844392655795677_4395733450068686723_n

 

画面上に「減量」「カスタマーレビュー4以上」で検索した結果が現れました。

もし、ここで検索結果が100件以下になってしまう場合は、キーワードを別の言葉に置き換えたりして、検索結果300表示以上に変更してみてください。

 
ここから魅力的なコンセプトキーワードをリサーチしていきます。
 
 

2 – 1|魅力的なコンセプトキーワードをリサーチする

 
現在の画面上に出ている一覧は「減量」+「カスタマーレビュー4以上」のものになっていると思います。つまり、「減量」という欲求を持っている人が手に取る本=「今売れている本」が並んでいることになります。
 
なので、自分が設定した欲求に対しての解決策が書かれている「今売れている本」のタイトル・キャッチコピーを見れば、高売れキャッチコピーが作れるということです。
 
 

実際に、自分のターゲットが手に取りそうな本をクリックしてみましょう!

14718827_1844392662462343_6967342003698255805_n

 

2 – 2|リサーチしたキーワードを組み合わせる

 
ここでは、「今売れている本」のタイトル・キャッチコピーの関連性をリサーチしていきます。
 

少し下の方にスクロールしていくと、「この本を買った人はこんな本も買っています」という一覧が出てきます。

14713724_1844392659129010_7200042236646626691_n

その中から、関連性の高いキーワードを拾い上げて、言葉のストックをしておきます。

 
間冷静の高いキーワードをいくつかピックアップできたら最後に、キャッチコピーを完成させます。
 
 

3|高売れキャッチコピーを完成させる

 
高売れキャッチコピーを完成させる際にも、「差別化の秘訣!強みをシンプルなコンセプトキーワードに変える3つの考え方とは 」でご紹介している以下の「 穴埋め式コンセプト設定方法 」に則って考えていきます。
 
 
この○○(商品 or 会社 or 人物名)は
○○(ターゲットの悩みや問題)といったお悩みを、
○○(競合に対して優位性を保てる強み)で解決することができます。
 
 
コンセプトを高売れキャッチコピー化した事例:
 
 
もうダイエットに悩まされない!
この、食べても5キロの減量に成功した全く新しいダイエットメソッドは
どうしても痩せられないという人のお悩みを、無理なく1ヶ月で解決することをお約束します。
 
・もうこれっきりにしたい人に向けて刺さる一行を入れる
 
・食べても5キロといった今の生活レベルを変えずに目標が達成できることを伝える
 
・ターゲットが欲しがる問題を問題にして、問題を解決する方法があるということを約束する
 
 

4|まとめ

 
いかがでしたか??「本は集まる人を選択する」という言葉通り、今売れている本のタイトルを参考にしながら、売り出したい商品に対するキャッチコピーを決めて打ち出せば、いつもとは違う反応が得られると思います。ぜひ、ここでのリサーチテクニックを名刺やチラシ、ダイレクトメールやブログのタイトルなどにも使用して、成果をあげてください!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。