石の上にも3年。誰のせいにもできない3年。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

自分ビジネスで夢を叶えたい方へ
From:宇部和真

不得意なことより、得意なこと。
嫌いなことより、好きなこと。
 
苦のないスキルアップの法則をご紹介します(^_-)
 
 
今日は超優秀なクライアントさんが
こんなことを言ってたんです。
 
 
Yさん
「いつも気分が下がる時って、
 自分の強みが活かせなくなった時なんです。
 
 前にも同じことが起こった時って
 じゃあ自分は何ができるんだろうって悩み始めました」
 
 
宇部
「同じ問題がやってきたってことですよね。
 だとすれば、今からしっかりと対策しましょうか。」
 
 同じことが起きても大丈夫なように(^_-)」
 
 
Yさん
「はい。だから私、強みを3つ持つことにしたんです。」
 
 
宇部
「3つの強みを持つこと?とは?」
 
 
Yさん
「最近、こんな話を聞いたんです。
 
 強みを3つ持っていれば、
 1つの強みが活かせなくなった時、
 あと2つあるから大丈夫って思えるようになる。
 
 って。確かにそうだと思ったんです。」
 
 
宇部
「なるほど!それは正しいですね。」
 
 
Yさん
「だから3つに強みを持つために
 3つの分野に対して時間投下してゆきますっ!!!」
 
 
宇部
「素晴らしい(^-^)/」
 
・・・
・・・
 
ってな感じで、
 
長くなるのでここまでにしますが、
同じように思っている人っているんじゃないかな?
 
自分の強み。
 
「増やしたいなっっ」て。
 
 
 
ところで、、、
 
  

10000時間の法則って知ってますか?

 
あることに10000時間投下すると、
その道の達人になれるって話。
 
1990年代に、心理学者エリクソンが発見した成功法則です。
 
 
要は、ある分野に対して10000時間の時間投下をすれば、
その道の達人になれるという考え方。
  
  
 
「石の上にも三年」
 
 
という言葉もありますが、何かのプロを目指しているのなら
がんばることは当たり前。その状況をいかに楽しみながら工夫できるかなんだと思います。
 
 
今のあなたはどうでしょうか?
 
 
もし、10000時間の法則に
則っていないのだとすると
 
スタートが遅れていると感じるかもしれません。
 
だけど、解決策はいつも存在します。
  
  
スタートが少し遅れているとしたら、
先人の知恵を活用することが重要になります。
 
僕だったら、10000時間分のことを
100時間でできるようにするための学習をはじめます。
 
そして、100時間×3つの強みを持ちます。
 
 
先人が10000時間かけて得た知恵を知ることで
100分の1の時間で情報は収集できます。
 
 
つまり、既に、10000時間並の学習が完了する。
 
 
””先人の知恵の活用””
 
 

それができれば、

 

10000時間を短縮することが

できるようになりますからね(^-^)/

宇部和真
 
 

ビジョンを持って、今のシゴトや働き方を楽しめるようになる

女性起業家のための特打個別相談会、はじめました。

自分ビジネスで夢を叶えたい人はこちらからお申し込みを!!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
ビジョニスタ個別相談会


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 惹句の専門家 宇部和真公式サイト|惹句工房 , 2018 All Rights Reserved.