2017/03/21

マーケティング とは |99%の人が 悩む 問題 をシンプル に 解決する 5つの手順

 

宇部和真【社外企画部】公式LINE@はじめました。

いま、登録をしていただければ、
特別なプレゼントをご用意しています。
LINE@公式アカウント登録については
こちらをクリック

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。

あなたが起業家であれ、会社経営者であれ、
これだけは覚えておくべきことがある。

当たり前すぎて、忘れてしまっているビジネスの基本です。


これは、セールスコピーライターだけではなく、
商売人として重要なマインドセットなのだが、非常に忘れられていることだと思う。

 

何を売るのか?誰に売るのか?


売上を上げたい…お客様がこない…という悩みは、

99%の人が悩む問題だが、まず、売上を上げる為には、商品を明確にしなければならない。

さて、今日はどうやって売上を上げようか…と、
セールスプロモーションばかりを考えているのではなく、

そんな時こそ、何を売るのか?を考え直すべきであり、
そもそも、あなたの元にお客様が訪れてこないのには理由があります。

 

「 マーケティングとは、セールスを無くすことだ 」

- ピーター・F・ドラッカー -

 

多くのマーケティングが弱い方の特徴といえば、、


・あなたやあなたの会社を必要としている人がいない。

・あなたのことを誰も知らない。

という二択に絞られます。

その対策として、まずは、

人や社会から求められる商品を創り、磨く必要があるのです。

  

でも、どうやって必要とされながら知ってもらうのか・・・


1、まずは、自分が顧客になること。


2、自分が心の底から欲しいと思う商品を作ること。

3、それから、テストマーケティングを行う。

4、商品を手に取って体験してもらった方からの感想をWEBにアップし続ける。

5、体験者の声を盛り込み、商品の改良を行う。

1〜5の繰り返し(PDCA)

何を売るのか?に困ったら、まずは自分が欲しいと思う商品を考えてみましょう。
何を売るのか?が決まれば、自然と誰に売るのか?が決まるはずだから。

ちなみに、セールスレターを書く時もそう。

 
それさえできれば、あなたの元にお客様は必ずやってきますので、
実際にやってみる価値は十分にあるハズです。

宇部 和真


この記事を書いている人 - WRITER -
宇部和真
惹句工房 代表 増収増益コンサルタント 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナル増収増益プラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。